角川文庫

きりこについて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944811

角川文庫

きりこについて

  • 著者 西 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944811

猫を愛するすべての人に贈る希望の物語

きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きりこについて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ブス」これほどの侮蔑語があるでしょうか? これは先が思いやられるなぁと読み始めましたが、きりことラムセス2世のおかしな大阪弁の掛け合いに大爆笑!! 最後の方は「えっ、いったいどこ行くん!?」ってぐら 「ブス」これほどの侮蔑語があるでしょうか? これは先が思いやられるなぁと読み始めましたが、きりことラムセス2世のおかしな大阪弁の掛け合いに大爆笑!! 最後の方は「えっ、いったいどこ行くん!?」ってぐらいアブナイ感じもしましたが、「世界は肉球よりもまるい」、「容れ物も中身も込みで自分!」など名言に溢れていました(笑)。 ところでなんで表紙のラムセス2世はピンクなん? <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2014年06月08日
    275人がナイス!しています
  • 薄い本、やはり恐るべし!読感は「うまい!」としか言い様がありません。そして何処からか「そうなること(=当方が”うまい!”言うこと)は分かっていたよなぁ!」「わかっていたよなぁ!」とラムセス2世とその他 薄い本、やはり恐るべし!読感は「うまい!」としか言い様がありません。そして何処からか「そうなること(=当方が”うまい!”言うこと)は分かっていたよなぁ!」「わかっていたよなぁ!」とラムセス2世とその他面々の猫達が当方に向かって言っているのが聞こえたような気がしました。お勧めです。 …続きを読む
    ehirano1
    2017年10月07日
    266人がナイス!しています
  • 『きいろいゾウ』でも思ったけれど、一概にファンタジーと括ったらなんか違う不思議な西ワールド。前半は毒なのか愛なのか入り混じったのどかなようで容赦ない物語が展開されるけれど、どこへ向かっているのか見当が 『きいろいゾウ』でも思ったけれど、一概にファンタジーと括ったらなんか違う不思議な西ワールド。前半は毒なのか愛なのか入り混じったのどかなようで容赦ない物語が展開されるけれど、どこへ向かっているのか見当がつかなくて困惑。でもきりこが予知夢でちさを救う後半からガラリと印象が変わってやけに引き締まる。よく使われる「ありのままの自分」とも少し違う「容れ物も中身も込み」に辿り着く展開はスッキリと収まりがよいね。前半のワケわかんなさに読みづらい傾向はあるけれど、最後まで読みきる価値のある作品でした『よくできました』 …続きを読む
    おかむー
    2014年05月12日
    240人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品