きりこについて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944811

きりこについて

  • 著者 西 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043944811

猫を愛するすべての人に贈る希望の物語

きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きりこについて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 西加奈子というのは、極度に振幅の大きい作家のようだ。すなわち、いい時にはこの人にしか書けない独特のペーソスに溢れた小説を書く一方で、不調の時には目も当てられない。それでも書くのはプロの作家らしくはある 西加奈子というのは、極度に振幅の大きい作家のようだ。すなわち、いい時にはこの人にしか書けない独特のペーソスに溢れた小説を書く一方で、不調の時には目も当てられない。それでも書くのはプロの作家らしくはあるのだが。さて、本作はその残念な方の西加奈子である。主人公のきりこのデフォルメにしてもそうだが、出てくる人物たちのことごとくがステレオタイプを脱することができないままで終わってしまう。猫のラムセス2世もまたしかり。俄かに語り手に据えたところで、いかほどの効果を上げるわけではない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2020年03月17日
    589人がナイス!しています
  • 薄い本、やはり恐るべし!読感は「うまい!」としか言い様がありません。そして何処からか「そうなること(=当方が”うまい!”言うこと)は分かっていたよなぁ!」「わかっていたよなぁ!」とラムセス2世とその他 薄い本、やはり恐るべし!読感は「うまい!」としか言い様がありません。そして何処からか「そうなること(=当方が”うまい!”言うこと)は分かっていたよなぁ!」「わかっていたよなぁ!」とラムセス2世とその他面々の猫達が当方に向かって言っているのが聞こえたような気がしました。お勧めです。 …続きを読む
    ehirano1
    2017年10月07日
    305人がナイス!しています
  • 「ブス」これほどの侮蔑語があるでしょうか? これは先が思いやられるなぁと読み始めましたが、きりことラムセス2世のおかしな大阪弁の掛け合いに大爆笑!! 最後の方は「えっ、いったいどこ行くん!?」ってぐら 「ブス」これほどの侮蔑語があるでしょうか? これは先が思いやられるなぁと読み始めましたが、きりことラムセス2世のおかしな大阪弁の掛け合いに大爆笑!! 最後の方は「えっ、いったいどこ行くん!?」ってぐらいアブナイ感じもしましたが、「世界は肉球よりもまるい」、「容れ物も中身も込みで自分!」など名言に溢れていました(笑)。 ところでなんで表紙のラムセス2世はピンクなん? <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2014年06月08日
    281人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品