きりこについて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048739313

きりこについて

  • 著者 西 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048739313

きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。

きりこはぶすな女の子。人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。書き下ろし長編小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きりこについて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「サラバ!」に通ずるものが、多かった。出だしのインパクト。きりこの生き方。作中作者の存在。アドラー心理学の真髄にも関わる考え方も、「容姿も中身も、あるがままに受け入れることが、幸せになること。」話の最 「サラバ!」に通ずるものが、多かった。出だしのインパクト。きりこの生き方。作中作者の存在。アドラー心理学の真髄にも関わる考え方も、「容姿も中身も、あるがままに受け入れることが、幸せになること。」話の最後は、死期を知ってる作中作者がまとめを急いだので、バタバタとみんな良くなってしまったのが、少し物足りないけど、いい一冊だった。そうか、猫と会話しなけりゃ損だよな!動物諺も控えるか。 …続きを読む
    にいにい
    2015年05月01日
    243人がナイス!しています
  • 会う人の度肝を抜いた赤ん坊時代、女王時代、暗黒時代、そして・・・。ある賢者(♂・IQ700超!)が溢れんばかりの知的愛情で語り尽くす「きりこについて」。ユーモアの底にある孤独と絶望を、関西弁であくまで 会う人の度肝を抜いた赤ん坊時代、女王時代、暗黒時代、そして・・・。ある賢者(♂・IQ700超!)が溢れんばかりの知的愛情で語り尽くす「きりこについて」。ユーモアの底にある孤独と絶望を、関西弁であくまでも軽やかに。強烈なエピソードは、人知を超えた能力を持つ語り部により、無理なく説得力のあるものに。彼は知っている。暗黒時代を抜け出す為には、野放図な愛より絶対的な共感をって。私の側にも賢者を一人、いや一匹プリーズ!深~い愛情物語に心がほんわかしました♪ …続きを読む
    めろんラブ 
    2010年07月17日
    208人がナイス!しています
  • 「きりこは、○○である」と衝撃な一文で始まります。しかもその言葉だけ太い文字で強調されていて、まるで自分に投げつけられているようであんまりだわ。しかもその後もその言葉は呪文のように繰り返えされて随分だ 「きりこは、○○である」と衝撃な一文で始まります。しかもその言葉だけ太い文字で強調されていて、まるで自分に投げつけられているようであんまりだわ。しかもその後もその言葉は呪文のように繰り返えされて随分だわ。そうじゃないのかと言われるとそれは完全に否定できないから困るけれど。…まあ並です。お友だちを助けることによって、人の評価など気にせず自分らしく生きるということに価値を見出し、私は私なんだとありのままを受け入れて生きていくきりこが好きになっていきます。続く→ …続きを読む
    きりこ
    2014年02月01日
    149人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品