まにまに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041026380

まにまに

  • 著者 西 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041026380

私って、生きてきたんだなぁ。

嬉しくても悲しくても感動しても頭にきても泣けてくるという、喜怒哀楽に満ちた日常、愛する音楽・本への尽きない思い。『サラバ!』『まく子』『きいろいゾウ』などの小説で多くの人に「信じる勇気」を与えてきた西加奈子のエッセイが詰まった一冊。解説:小林エリカ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「まにまに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前にも書いたけど、面白いエッセイとは、作り込んでないユーモアがあって、自虐を明るく表現していて、著者独特の視点や琴線があり、読み手と共感項があることではないかと思います。西加奈子さんエッセイはとても自 前にも書いたけど、面白いエッセイとは、作り込んでないユーモアがあって、自虐を明るく表現していて、著者独特の視点や琴線があり、読み手と共感項があることではないかと思います。西加奈子さんエッセイはとても自分にフィットしました。いわゆる普通の人とはずれるけれど、ぶれないものをもつ西加奈子さんの作品の主人公たちは、より深い人間力を読み手に気づかせてくれます。西さんもそんな人かなあと思ったり。「日々のこと、音楽、本」の三章だて。それぞれに楽しく読めました。音楽と本は自分の未知の世界が多く、探訪したくなりましたよ。 …続きを読む
    じょんじょん
    2020年01月24日
    66人がナイス!しています
  • 西さんのエッセイ2冊目。津村記久子さんとともに関西の私の好きな女流作家さんである。それぞれに特徴があってとっても好き。なんなら追っかけたいくらい。その西さんが、津村さんの大ファンだというから嬉しい。津 西さんのエッセイ2冊目。津村記久子さんとともに関西の私の好きな女流作家さんである。それぞれに特徴があってとっても好き。なんなら追っかけたいくらい。その西さんが、津村さんの大ファンだというから嬉しい。津村さんのいいところを西さんが代弁してくれてうなづくばかりだった。例に挙げられた「これからお祈りにいきます」が未読なので是非読んでみたい。 …続きを読む
    里季
    2019年12月24日
    52人がナイス!しています
  • 『かなこさん』… エッセイ。 いやぁ、笑った。 電車で読むには注意が必要だった。 特に「濡れた」には納得と笑いを同時に感じて、忙しいぐらいだった。。 『かなこさん』… エッセイ。 いやぁ、笑った。 電車で読むには注意が必要だった。 特に「濡れた」には納得と笑いを同時に感じて、忙しいぐらいだった。。
    Junichi Yamaguchi
    2019年03月12日
    43人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品