グレートジャーニー人類5万キロの旅3 ベーリング海峡横断、ツンドラを犬ゾリで駆ける

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784043943418

グレートジャーニー人類5万キロの旅3 ベーリング海峡横断、ツンドラを犬ゾリで駆ける

  • 著者 関野 吉晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784043943418

人類の軌跡を自らの足で歩んでいく壮大な旅の第3弾

人類が歩んだ5万キロの旅を巡る「グレートジャーニー」第3弾。凍てつくベーリング海峡の横断に挑戦、アラスカ各地を巡る。その後犬ゾリで2000キロを走破、ユーラシア大陸北東端のチュコト半島を徒歩とカヤック

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「グレートジャーニー人類5万キロの旅3 ベーリング海峡横断、ツンドラを犬ゾリで駆ける」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆第3巻はアラスカからベーリング海峡を渡り、ロシアのツンドラ地帯へ。ベーリング海峡をカヤックで渡る場面はTV放映時に見てグレートジャーニーの壮大さに魅了されたきっかけでした。犬ゾリで駆けたツン ★★★★☆第3巻はアラスカからベーリング海峡を渡り、ロシアのツンドラ地帯へ。ベーリング海峡をカヤックで渡る場面はTV放映時に見てグレートジャーニーの壮大さに魅了されたきっかけでした。犬ゾリで駆けたツンドラ地帯は-40℃の世界で、冷凍庫よりも過酷な環境が自然界に存在しているのが驚きです。訪問先の先住民の暮らしの紹介でトナカイや鯨、セイウチを捕らえ、解体し食する場面がありました。人間は生きるために他の生物を食さなければならない罪深い存在ですが、捕鯨問題を抱える日本人として食文化を守ることの大切さを感じます。 …続きを読む
    えっくん
    2016年05月04日
    20人がナイス!しています
  • 2015.11.04-11.17:ベーリング海峡を渡ってシベリア平原を行く旅のレポート。北米からロシアへと旅する著者らは途中で現地の少数民族と一緒に船に乗ったり漁をしたり犬ぞりを走らせたり。。。アラス 2015.11.04-11.17:ベーリング海峡を渡ってシベリア平原を行く旅のレポート。北米からロシアへと旅する著者らは途中で現地の少数民族と一緒に船に乗ったり漁をしたり犬ぞりを走らせたり。。。アラスカの原住民が金の猛者のようになっている姿は悲しかったし、捕鯨の様子を撮影しようとすると神経質になってイライラしたりする現状も日本の捕鯨の現状と似ていて考えさせられました。後半、ロシアに入ってからは人々が貧しいながらも素朴で昔ながらの漁をしつつ、外部の人を歓迎している様子が伺えてホッとしました。 …続きを読む
    tsubomi
    2015年11月17日
    4人がナイス!しています
  • 人類の逞しさをビリビリと感じる。息子世代の誘いも断り、線量の高い土地に住み続ける福島の高齢者達に思いが行った。文化への、社会への、そして大地への愛着。理屈ではないのだろう。この巻は今までにもまして、自 人類の逞しさをビリビリと感じる。息子世代の誘いも断り、線量の高い土地に住み続ける福島の高齢者達に思いが行った。文化への、社会への、そして大地への愛着。理屈ではないのだろう。この巻は今までにもまして、自然環境の厳しさを感じると共に現地の人々との出会いが印象強く残った。助け合わなければ生きていけない環境。それこそが人間を最も人間たらしめるのだろうか。人の間と書いて人間。こんな所で本ばかり読んでいる私は果たして人間なのだろうか。ただの人でしかないのではないか。そんな中二病が発病しかねない危険な書。大好き。 …続きを読む
    michu
    2012年07月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品