グレートジャーニー 人類5万キロの旅2 灼熱の赤道直下から白夜のアラスカへ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784043943227

グレートジャーニー 人類5万キロの旅2 灼熱の赤道直下から白夜のアラスカへ

  • 著者 関野 吉晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784043943227

人類が歩んだ5万キロの旅「グレートジャーニー」を辿る、第2弾。

人類が歩んだ5万キロの旅を巡る「グレートジャーニー」の第2弾。インカ帝国のクスコを出発し、アンデス山脈を自転車で縦断。中米を抜け、北米先住民族のナバホ居留地を抜け、アメリカからカナダを自転車で進む。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「グレートジャーニー 人類5万キロの旅2 灼熱の赤道直下から白夜のアラスカへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 巻頭のザトウクジラの写真が印象的。特に興味深かったのは、中米の旅の記録。クケナン山(聖なる山)等独特な山頂の山やヤノマミの村・新世界ザル・ 森の国コスタリカの動物たち・マヤの遺跡・ナバホの国へアラスカ 巻頭のザトウクジラの写真が印象的。特に興味深かったのは、中米の旅の記録。クケナン山(聖なる山)等独特な山頂の山やヤノマミの村・新世界ザル・ 森の国コスタリカの動物たち・マヤの遺跡・ナバホの国へアラスカの野生動物たち、全長約15メートルのザトウクジラのバブル・ネット・フィーディング。アラスカはチャレンジの土地でありそれを終えた人間には安らぎの土地…スコットさんの話と視線があたたかい。きれいなお墓の話は心に残る。最終章は壮大で美しいユーコン川の情景やサケ事情、身近ななクマの事等...著者の視点が好みかも。 …続きを読む
    マリリン
    2022年04月15日
    43人がナイス!しています
  • ★★★★☆第2巻はクスコから北米大陸を縦断しアラスカへ。今回の旅も強盗にあったり、悪徳警官にワイロをたかられたりと幾多のアクシデントを乗り越えながらの冒険でした。自然の驚異には敵いませんが、本当に恐ろ ★★★★☆第2巻はクスコから北米大陸を縦断しアラスカへ。今回の旅も強盗にあったり、悪徳警官にワイロをたかられたりと幾多のアクシデントを乗り越えながらの冒険でした。自然の驚異には敵いませんが、本当に恐ろしいのは金欲にまみれた人間なのかもしれません。旅の途中で立ち寄った先住民との交流ルポも含まれており、現地の暮らしに順応する関野さんには驚きです。道中の怪我の治療後、長期の静養地を日本を離れわざわざ南米に行って過ごしたというのも現地に魅了された強い想いがあるのでしょう。家族の理解は大丈夫だったのでしょうか。笑 …続きを読む
    えっくん
    2016年05月01日
    19人がナイス!しています
  • 2015.09.29-10.16:南米大陸の北米までの旅。気になっていた中米はあっさりと通過(したかのように記述が少な目)。よほど治安が悪かったのかな、という印象。密林の原住民に会いに行ったりギアナ高 2015.09.29-10.16:南米大陸の北米までの旅。気になっていた中米はあっさりと通過(したかのように記述が少な目)。よほど治安が悪かったのかな、という印象。密林の原住民に会いに行ったりギアナ高地に行ったり、またカナダやアラスカの原野を流れる川をカヤックで旅したりクジラをごく近くで観察したりするところは、読んでいて自分も旅しているような高揚した気分に。南米にこだわって旅してきた著者の、原住民との信頼関係もすごいです。グレート・ジャーニーといえばベーリンジア。これからどんな旅が待っているでしょう。 …続きを読む
    tsubomi
    2015年10月16日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品