グレートジャーニー人類5万キロの旅5 聖なるチベットから、人類発祥の地アフリカへ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
356
ISBN:
9784043943616

グレートジャーニー人類5万キロの旅5 聖なるチベットから、人類発祥の地アフリカへ

  • 著者 関野 吉晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
356
ISBN:
9784043943616

ついに人類発祥の地アフリカへ。壮大な旅の第5章。

人類が歩んだチベットの聖地カイラスでの巡礼祭やネパールを訪れる壮大な寄り道をし、宗教について考察する。イスラム圏を経てついにアフリカへ。足かけ10年、偉大な旅の最終章。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「グレートジャーニー人類5万キロの旅5 聖なるチベットから、人類発祥の地アフリカへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆最終巻はチベットから人類祖先の誕生の地 タンザニアのラエトリへ。5万キロの道のりを10年で踏破という感動のフィナーレでした。氷点下のツンドラ地帯、最高気温が50℃の砂漠地帯、標高4000メー ★★★★☆最終巻はチベットから人類祖先の誕生の地 タンザニアのラエトリへ。5万キロの道のりを10年で踏破という感動のフィナーレでした。氷点下のツンドラ地帯、最高気温が50℃の砂漠地帯、標高4000メートルの高山地域など過酷な自然環境の中、道なき道を脚力と腕力だけで進んでゆく姿には圧倒されました。飄々とした風貌の関野さんですが、とてつもないパワーの持ち主です。数々のアクシデントはありましたが、無事踏破貫徹するのはすごいです。各地域の住民との交流、世界遺産の紹介、自分も一緒にグレートジャーニーを楽しめました。 …続きを読む
    えっくん
    2016年05月12日
    15人がナイス!しています
  • 偉大なる旅の終焉。この旅に登場した数々の民族たちの暮しは、不便そうなのに何か憧憬を感じる事を禁じ得ない。真の平等とは、競争のない社会のことなのだろう。自由と平等を求めて発展してきたはずの民主主義と資本 偉大なる旅の終焉。この旅に登場した数々の民族たちの暮しは、不便そうなのに何か憧憬を感じる事を禁じ得ない。真の平等とは、競争のない社会のことなのだろう。自由と平等を求めて発展してきたはずの民主主義と資本主義経済。どうしてこうなってしまったんだろう。たぶん社会が大きくなりすぎたんだ。単純に人間は増えすぎた。とは言え、後戻りは出来ないのが真理。最近言われ始めている「持続可能な」というキーワードに期待をかけて、資本主義経済の将来像を求め続けるしかないんだろう。ヒントはおそらく競争より協力だ。 …続きを読む
    michu
    2012年11月07日
    4人がナイス!しています
  • カネコ
    2013年08月04日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品