試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784044124229

嘘は罪(上)

  • 著者 栗本 薫
  • イラスト 塩谷 博明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784044124229

惜しまれつつも世を去った栗本薫が放つ、絶望と再生の東京サーガ!!

時代の寵児として大ヒットを連発し、大スター・今西良の名を世に知らしめた作曲家の風間俊介。良を失った絶望の中、風間は野獣のような凶暴さを秘めた青年・忍と出会う。彼に天性の音楽の才を感じる風間だったが…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「嘘は罪(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 始めはどうにも入り込めず読み進まなかったけれど、忍に会ったあたりからグイグイと一気に読めた。 始めはどうにも入り込めず読み進まなかったけれど、忍に会ったあたりからグイグイと一気に読めた。
    ルカ
    2014年05月28日
    3人がナイス!しています
  • 「東京サーガ」シリーズ。この作家さんは伊集院大介シリーズと六道が辻シリーズしか読んだことがないが、まぁ、この系統の気はあったものの、ここまでソレ一色な小説は、聊か鬱陶しい。そういうのナシでも、これぞ昭 「東京サーガ」シリーズ。この作家さんは伊集院大介シリーズと六道が辻シリーズしか読んだことがないが、まぁ、この系統の気はあったものの、ここまでソレ一色な小説は、聊か鬱陶しい。そういうのナシでも、これぞ昭和の歌謡界!的な舞台設定は興味深いし、ヤサグレた作曲家・風間と迷い犬のような忍、いかにもそそるヤクザの3人が、それぞれに浮かび上がろうとして彷徨う魂の行方を見たいと思う。 …続きを読む
    RIN
    2011年10月01日
    2人がナイス!しています
  • 饒舌で濃厚な文章が読ませる。ぐいぐいと引き込まれ、前半最後の濡れ場は、ぐっときた。俺は男だしノンケなのに。音楽関連の描写は素晴らしい。音楽は裏切らない、嘘を許さないってくだりが特に良い。 饒舌で濃厚な文章が読ませる。ぐいぐいと引き込まれ、前半最後の濡れ場は、ぐっときた。俺は男だしノンケなのに。音楽関連の描写は素晴らしい。音楽は裏切らない、嘘を許さないってくだりが特に良い。
    tegege
    2011年08月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品