試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041500675

天の陽炎 大正浪漫伝説

  • 著者 栗本 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041500675

大正時代を舞台に美しくも残酷な愛憎を描いたゴシック・ロマン・ミステリ!

20歳も年上の夫、綾瀬成祐子爵と結婚した真珠子は、退屈な毎日に憂いていた。そんな彼女のもとに、大陸浪人の天童壮介が現われる。天童は綾瀬子爵に投資を持ちかけ、満州での成功をたくらんでいた--。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天の陽炎 大正浪漫伝説」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 延々と続く主人公のモノローグ。「…」がやたら多い散文調、語尾が「…なのだワ」とカタカナなのがいかにも女性的、と栗本薫らしい演出力がたっぷり。女学校を出てすぐの美貌のおぼこ娘であるヒロインは、金で買われ 延々と続く主人公のモノローグ。「…」がやたら多い散文調、語尾が「…なのだワ」とカタカナなのがいかにも女性的、と栗本薫らしい演出力がたっぷり。女学校を出てすぐの美貌のおぼこ娘であるヒロインは、金で買われるように子爵の後妻となり、着せ替え人形のように扱われ、自由も意思も人格すら持たない。そんな「生」も「性」も知らない彼女に、大陸浪人の男が近づき関係することで、彼女の中に眠っていた「生きる意志」が目覚めるストーリー。この時代の女性の生きる選択肢のなさに息が詰まりすぎたか、あまり大正浪漫は感じられなかったです…。 …続きを読む
    きんぎょっち
    2017年11月19日
    7人がナイス!しています
  • ザ・大正浪漫という感じ。器量を買われて子爵家に玉の輿に乗った庶民出の真珠子の自我の目覚めを描いたもの。最初、お家様と御前に流されるだけだった真珠子が天童に強引にされていく内に変わる考えが面白い。孤独に ザ・大正浪漫という感じ。器量を買われて子爵家に玉の輿に乗った庶民出の真珠子の自我の目覚めを描いたもの。最初、お家様と御前に流されるだけだった真珠子が天童に強引にされていく内に変わる考えが面白い。孤独になった真珠子が守宮がきっかけで外に出ていくのは「わかるなぁ」となった。人間の浮き沈みなんて些細なことがきっかけなんだよね、と。最終的に自らの手を汚した真珠子だけど、天童に「お前は凄い女だったんだな」と言われた時、やっと真珠子が恋とかではなく、独りではなくなったという意味で報われた気がしました。 …続きを読む
    みどり
    2015年03月12日
    6人がナイス!しています
  • 始めはただ翻弄されるばかりだった姿が、どんどん変貌していく様がすごい。ラスト近く、「石見銀山ヨ」といった瞬間の壮絶さにぞっとした。その後のほうがもっと壮絶なんだけど、この一言が決定的な変化だった。グイ 始めはただ翻弄されるばかりだった姿が、どんどん変貌していく様がすごい。ラスト近く、「石見銀山ヨ」といった瞬間の壮絶さにぞっとした。その後のほうがもっと壮絶なんだけど、この一言が決定的な変化だった。グインや魔界水滸伝とは全く違う印象だけど、ぐいぐい読んでしまう勢いはやっぱり同じ。 …続きを読む
    nrm
    2009年10月28日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品