試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784044094058

俳句の作りよう

  • 著者 高浜 虚子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784044094058

今なお新しい、実作入門書の最高傑作。幻のベストセラー、初の文庫化!

大正三年の刊行から一〇〇刷以上を重ね、ホトトギス、ひいては今日の俳句界発展の礎となった、虚子の俳句実作入門。だれにでもわかりやすく、今なお新鮮な示唆に富む幻の名著。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「俳句の作りよう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『俳句とはどんなものか』は聖書みたいと書いたけれど、こちらは実践編。五字、七字、七・五字を埋める部分では本を置いて思索に耽る程、平易な語り口の虚子の俳句論に入信してしまった。子規は芭蕉より蕪村が上だと 『俳句とはどんなものか』は聖書みたいと書いたけれど、こちらは実践編。五字、七字、七・五字を埋める部分では本を置いて思索に耽る程、平易な語り口の虚子の俳句論に入信してしまった。子規は芭蕉より蕪村が上だと言うが、虚子の言うところでは、芭蕉>子規>蕪村となるらしく、それは技巧よりも人生経験の裏打ちが如何程かにあるそうだが、私はそこが少し腑に落ちない。つまり、この虚子の思想を踏まえて付け加えるならば、この教典以外で技巧についてもっと深く語る句作入門書があれば面白そうだが、今はこの本に従い十七文字を並べてみよう。 …続きを読む
    瓜坊
    2016年11月28日
    8人がナイス!しています
  • 高浜虚子さんの俳句指南の本。碧梧桐流の新傾向俳句危機を感じていた明治後年に書かれました。十七字を並べ、取り合わせを使って句を作る方法など、最近書かれたのではないかというほど、すんなり学びやすいようにま 高浜虚子さんの俳句指南の本。碧梧桐流の新傾向俳句危機を感じていた明治後年に書かれました。十七字を並べ、取り合わせを使って句を作る方法など、最近書かれたのではないかというほど、すんなり学びやすいようにまとめられています。芭蕉、子規、去来など他の作者の例も引き合いにしているので、優れた句にも触れることができます。創作に迷ったら初心に立ち返って再読するのもあり、有名な俳人の句の一部から埋字をするのもいいなと思います。 …続きを読む
    りょちみ
    2018年02月23日
    7人がナイス!しています
  • 埋字という区作の学び方にたいそう納得した。そして、その後の元の句を持ち出し、古き句、先輩の諷詠した句を味わい尽くすことの大切さを学んだ。そして、眺めること、案じることの厳しさをそして、花鳥の愛で方を、 埋字という区作の学び方にたいそう納得した。そして、その後の元の句を持ち出し、古き句、先輩の諷詠した句を味わい尽くすことの大切さを学んだ。そして、眺めること、案じることの厳しさをそして、花鳥の愛で方を、日本人であることの喜びを学んだ。ありがとう虚子先生。 …続きを読む
    蛸墨雄
    2018年02月23日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品