キップをなくして

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043820030

キップをなくして

  • 著者 池澤 夏樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043820030

少年の一夏、鉄道冒険ファンタジーの傑作!

改札から出ようとして気が付いた。ないない、キップがない!
「キップをなくしたら、駅から出られないんだよ」。
どうしよう、もう帰れないのかな。
キップのない子供たちと、東京駅で暮らすことになったイタル。
気がかりはミンちゃん。「なんでご飯を食べないの?」。
ミンちゃんは言った。「私、死んでいるの」
死んだ子をどうしたらいいんだろう。駅長さんに相談に行ったイタルたちは――。
少年のひと夏を描いた鉄道冒険小説!

親子で読みたい鉄道ファンタジー!

  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キップをなくして」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆4.0 ある夏の朝少年は電車に乗った。 駅に着き改札を出ようとして気が付いた。 「キップがない!」「キップをなくしたら駅から出られない」 切符を無くして駅から出られなくなった少年は『駅の子』として、 ☆4.0 ある夏の朝少年は電車に乗った。 駅に着き改札を出ようとして気が付いた。 「キップがない!」「キップをなくしたら駅から出られない」 切符を無くして駅から出られなくなった少年は『駅の子』として、同じ境遇の子供達と東京駅で暮らすことになった。 その中にはホームから落ち列車に撥ねられ死んでしまった女の子も混じっていた。 …続きを読む
    tototousenn
    2020年12月05日
    61人がナイス!しています
  • 切符を無くして駅から出られなくなったイタルは〝駅の子〟として、同じ境遇の子供達と生きていく。とは言え、悲愴感はない。駅弁食べ放題、仮眠室あり、電車も好きなだけ。ただし家には帰れない。そんなファンタステ 切符を無くして駅から出られなくなったイタルは〝駅の子〟として、同じ境遇の子供達と生きていく。とは言え、悲愴感はない。駅弁食べ放題、仮眠室あり、電車も好きなだけ。ただし家には帰れない。そんなファンタスティックな縛りの中で、仲間の一人、幽霊であるミンちゃんのためにイタルたちは世界の謎を追求していく。独特の死生感が若干気になるが、後半はなんとなく薄暗いイメージの駅舎から飛び出して、みんなで北海道まで遠征。この手の物語にありがちな記憶改竄や喪失もなく、明るく巣立っていく。昭和の子供達は強かった。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年08月06日
    57人がナイス!しています
  • キップをなくして駅から出ることができなくなり、同じようにキップをなくしてしまった子供達と一緒に「駅の子」として暮らすことになった主人公「イタル」。その中には「ミンちゃん」という、もう死んでしまっている キップをなくして駅から出ることができなくなり、同じようにキップをなくしてしまった子供達と一緒に「駅の子」として暮らすことになった主人公「イタル」。その中には「ミンちゃん」という、もう死んでしまっている女の子がいて…。「死」というものがなんなのかを優しく教えてくれる物語。3日間しか生きられなかった赤ちゃんの話には胸がキュッとなった。 …続きを読む
    ひつじとうさぎ
    2015年12月18日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品