いまここに在ることの恥

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043417117

いまここに在ることの恥

  • 著者 辺見 庸
  • デザイン 高橋デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043417117

問う―恥なき国の恥なき時代に、「人間」でありつづけることは可能か。

脳出血、そして大腸癌と、ある日突然、二重の災厄に見舞われた著者が、恥辱にまみれた「憲法」「マスメディア」「言葉」「記憶」……を捨て身で書き抜く、思索の極限。いま、私たちは何を考えるべきなのか!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いまここに在ることの恥」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 脳出血と癌を患い障害を抱える元共同通信社外信部のエース記者、社会派作家のエッセイ。◉執筆当時60歳、病に伏した作家がいつか書こうと思っていたこと「視えない恥」について。◉舞台は1980年代カンボジアの 脳出血と癌を患い障害を抱える元共同通信社外信部のエース記者、社会派作家のエッセイ。◉執筆当時60歳、病に伏した作家がいつか書こうと思っていたこと「視えない恥」について。◉舞台は1980年代カンボジアの難民キャンプ。当時ポル・ポト政権が反政府武装活動を行い数万人が殺害された。死体運びに向けシャッターを切った瞬間「ノー」と怒りと共に指をさされた。恥辱を感じる。死体運びを評じてはならない。恥だ。死体運びは加わるべきだ。と感じた。屍をいたわる所作を、疑りをさし挟む余地の無い生者としての「所作の基本性」と表現する。 …続きを読む
    青色夜ふかし
    2018年04月08日
    35人がナイス!しています
  • いつから日本の状況は今のようであるのか。10年くらい前から急激に変化したのではないかという気がしていたけれど、この本を読んで改めてそのはじまり(恐らく何かの流れにひとつの発端を定めることはむつかしく、 いつから日本の状況は今のようであるのか。10年くらい前から急激に変化したのではないかという気がしていたけれど、この本を読んで改めてそのはじまり(恐らく何かの流れにひとつの発端を定めることはむつかしく、さらに火種はさらに遡ることができるのであろうけれど)から続き加速してゆく様を思い出し辿ることができるようで胸塞ぐ思いがした。もしかしたら日本にいるときに読んだら今のようなはっきりとした実感は抱かなかったかもしれない。 …続きを読む
    アマヤドリ
    2016年06月09日
    18人がナイス!しています
  • 人間の実存が問われている。いつまでもずるずると引きずり引きずられ、その流れの中で誰も「命を賭け」た「抵抗」はできず、自覚の有無を問わずファシズム的な空気に加担し恥を積み上げて、ほとんど解決不可能な点に 人間の実存が問われている。いつまでもずるずると引きずり引きずられ、その流れの中で誰も「命を賭け」た「抵抗」はできず、自覚の有無を問わずファシズム的な空気に加担し恥を積み上げて、ほとんど解決不可能な点に達した今、人間にどんな実質があるんだろう?<今はまだ続くのですか>という彼の詩の一節を思い出した…脳卒中で倒れた半身麻痺の身体で、それでも片方の腕でキーボードを打ちこみ、語ること、自身の身体の内奥から言葉を発することを止めないこの作家は好きだなぁ…と毎回思う…… …続きを読む
    相生
    2015年10月24日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品