青い花

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月31日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
184
ISBN:
9784041104620

青い花

  • 著者 辺見 庸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月31日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
184
ISBN:
9784041104620

おお、神よ、この大災厄はまだ、まだつづくのですか――!?

あいつぐ大震災と戦火で、恋も家族も未来も、すべてをうしない鉄路を彷徨う男。哄笑、恐怖、愛、虚無……が卍にからみあう、現代黙示小説の大傑作!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青い花」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ????難解でぶっ飛んでる。初読み作家さんなので検索すると・・1944年生まれ 石巻市南浜町出身 第105回芥川賞(『自動起床装置』) 第16回中原中也賞(詩集『生首』) 第42回高見順賞(詩集『眼の ????難解でぶっ飛んでる。初読み作家さんなので検索すると・・1944年生まれ 石巻市南浜町出身 第105回芥川賞(『自動起床装置』) 第16回中原中也賞(詩集『生首』) 第42回高見順賞(詩集『眼の海』)って・・。70才で、このセンスはスゴイ!!  でも、わがんねぇ~。 …続きを読む
    百太
    2015年02月19日
    25人がナイス!しています
  • これはベケットだ。当て所なく彷徨する一人の男。時は不明、フクシマ以後、戦争の勃発した日本。崩壊する世界の中で、呪詛を吐きながらただ歩く男一人。抽象と具体の狭間。異化作用の本当の姿。青い花は存在しない。 これはベケットだ。当て所なく彷徨する一人の男。時は不明、フクシマ以後、戦争の勃発した日本。崩壊する世界の中で、呪詛を吐きながらただ歩く男一人。抽象と具体の狭間。異化作用の本当の姿。青い花は存在しない。きょうこも、ポラノンも存在しない。すべては虚無だ。だから? それでも人は生きる。死ぬ。具体を内包する虚無。主体のないメディアに翻弄され、矯正される思考。それにあらがう思考。ただ歩く。思考をだだ漏れさせながら、現実と幽玄の狭間で、それでもそれが現実だと思いこむように自らを仕向け。言葉は現実、歴史、夢、その全て。 …続きを読む
    ハチアカデミー
    2013年08月03日
    14人がナイス!しています
  • 筋を探ろうとすると掬いとれない。水面下にある文字を覗きこむような難しさが読み始めにはあった。一人の男が震災と戦災に覆われた戦時下の東北?を歩き続ける。思いはとりとめなく広がり、様々なものから想像の刺激 筋を探ろうとすると掬いとれない。水面下にある文字を覗きこむような難しさが読み始めにはあった。一人の男が震災と戦災に覆われた戦時下の東北?を歩き続ける。思いはとりとめなく広がり、様々なものから想像の刺激を受けつつ、過去を思い起こしたり現実を批判したり。次第に状況の風景に心が入り込み、文章の運びに歩調があってくると、隣で歩いているような気がして夢中になれる。有り得べき近未来の日本国。ポラノンで多幸感を植え付けられマスコミに操作されて、いいね、サムアップ!…こんな未来はひどすぎる! …続きを読む
    kri
    2014年09月24日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品