自分自身への審問

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043417100

自分自身への審問

  • 著者 辺見 庸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043417100

「永遠の不服従」を有言実行し続ける作家・辺見庸、魂のことば!

「新たな生のための遺書」。04年に脳出血、05年に大腸癌と、ある日突然二重の災厄に見舞われた著者が、入院中に死に身で書きぬいた生と死、国家と戦争、現世への異議、そして自分への「有罪宣告」!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「自分自身への審問」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【図書館】永らく読んできた者としての読む行為は、自らの中にある何からしらの渇きを何とか潤したいのは事実だが、本書との邂逅はその渇きがよりさらに如実に現れてきたようでもあり、少しの水滴で喉の渇きが潤わさ 【図書館】永らく読んできた者としての読む行為は、自らの中にある何からしらの渇きを何とか潤したいのは事実だが、本書との邂逅はその渇きがよりさらに如実に現れてきたようでもあり、少しの水滴で喉の渇きが潤わされたようであり。辺見自らが病床にあって、その生のまさに極限で、苦しみ悶え、闇か光かも判らない場所から、何かに憑かれていたかのように、文を紡ぐ。脳出血で倒れた後、癌手術で躰にメスを入れられた辺見が紡いだ文と文から出来上がった本書の読後、私も何かに取り憑かれたのは間違いない。こんなに震撼させられた書は初めて。 …続きを読む
    寛生
    2014年11月17日
    50人がナイス!しています
  • 凄い著書だ。辺見庸さんが脳出血で倒れ入院。リハビリ中に結腸癌も発見され手術を受けるという二重の苦難。その時に書いたまさしく「自分自身への審問」。癌手術前後さえも痛みに耐え後遺症の残る思考と、右手を精一 凄い著書だ。辺見庸さんが脳出血で倒れ入院。リハビリ中に結腸癌も発見され手術を受けるという二重の苦難。その時に書いたまさしく「自分自身への審問」。癌手術前後さえも痛みに耐え後遺症の残る思考と、右手を精一杯使い書いた。死を間近に感じている人間がここまで書ける気力を持てるものなのだろうか?読解力の乏しい私は毎日少しづつ理解しょうと噛み締めながら読んだ。それでも理解できたのかは難しい。ただ彼の研ぎ澄まされた刃のような訴えかける文章は、私に何かしらの強い強い感銘を与えてくれたのは間違いない。改めて凄い著書だ。 …続きを読む
    GAKU
    2016年02月03日
    41人がナイス!しています
  • 実家の古本。脳出血後の麻痺が残るなか書かれたエッセイで、倒れた前後での自身の内面の変化や記憶など。『自分自身への審問』の部分は、文字通りの自問自答。この著者の本を初めて読むのにはこれじゃない方がよかっ 実家の古本。脳出血後の麻痺が残るなか書かれたエッセイで、倒れた前後での自身の内面の変化や記憶など。『自分自身への審問』の部分は、文字通りの自問自答。この著者の本を初めて読むのにはこれじゃない方がよかったかな。でも自分にも社会にも厳しく、使命感の強い人だという印象。 …続きを読む
    Tomoko.H
    2019年07月04日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品