人斬り半次郎 幕末編 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2008年04月01日
商品形態:
電子書籍

人斬り半次郎 幕末編

  • 区分表記なし 池波 正太郎
発売日:
2008年04月01日
商品形態:
電子書籍

下級武士から這い上がった、男の半生、剣一筋! 激動の時代に生きる一快男児の半生を描く傑作

「今に見ちょれ。俺はこの腕一本できっと……」。半次郎の口ぐせだった。姓は中村、鹿児島城下の藩士に〈唐芋〉とさげすまれる貧乏郷士の出ながら剣は示現流の名手、精気溢れる美丈夫で、性剛直である。時は幕末、ふとした機縁で西郷吉之助に見込まれ、国事に奔走するが、卓抜の剣技は血なまぐさい暗殺を重ね、〈人斬り〉の異名は、次第に高まってゆく。激動する時代の中に一快男児熱血の半生を描く、傑作小説の前編。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「人斬り半次郎 幕末編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。人斬り半次郎こと中村半次郎の生き様を描いた物語の前編になります。貧乏ながら剣の腕は一流というところが恰好良いですね。その腕を西郷どんに認められるくらいですから。人斬りというとどこか影を 面白かったです。人斬り半次郎こと中村半次郎の生き様を描いた物語の前編になります。貧乏ながら剣の腕は一流というところが恰好良いですね。その腕を西郷どんに認められるくらいですから。人斬りというとどこか影を感じるものですが、半次郎からは陽気で実直な印象を受けました。西南戦争のきっかけになった人物という印象が変わりそうです。激動の時代を熱血に生きた男という魅力にとりつかれました。続きも読みます。 …続きを読む
    優希
    2017年07月19日
    73人がナイス!しています
  • 西郷を西南戦争に引き込んだ男というイメージがあったので、好きではなかったがこの本を読んでイメージが変わった。岡田以蔵と同じで身分が低くて刀で身を立てようとする。以蔵と違うのは陽気な性格でさっぱりしてい 西郷を西南戦争に引き込んだ男というイメージがあったので、好きではなかったがこの本を読んでイメージが変わった。岡田以蔵と同じで身分が低くて刀で身を立てようとする。以蔵と違うのは陽気な性格でさっぱりしていて、西郷という包容力の有る暖かい人物に出合い、勉強をしたのでただの殺し屋にならなかった。遂に西郷は幕府と手を切り長州と同盟する決心をする。下巻が楽しみです。 …続きを読む
    スー
    2016年02月24日
    3人がナイス!しています
  • 人斬り半次郎こと、中村半次郎。あまり彼を題材にした歴史小説はないのでは?一読書ファンとしての勝手な感想を許してね、という気持ちで言えば、やはり歴史小説としては、司馬遼太郎さんが上か。。。とはいえ、剣豪 人斬り半次郎こと、中村半次郎。あまり彼を題材にした歴史小説はないのでは?一読書ファンとしての勝手な感想を許してね、という気持ちで言えば、やはり歴史小説としては、司馬遼太郎さんが上か。。。とはいえ、剣豪としても名を馳せた半次郎の青春期を爽快に描いており500ページを超える量をものともしないのも事実。引き続き明治維新期を描く「賊将編」へ! …続きを読む
    Yasutaka Hori
    2017年06月02日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品