試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044075026

死なないでいる理由

  • 著者 鷲田 清一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044075026

<わたし>は「他者の他者」としてある。他者の思いの宛先としてここにいる

〈わたし〉が他者の思いの宛先でなくなったとき、ひとは〈わたし〉を喪い、存在しなくなる――。現代社会が抱え込む、生きること、老いることの意味、そして〈いのち〉のあり方を滋味深く綴る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死なないでいる理由」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 子供の頃から、「人間、どうせ死ぬのになんで生まれてきたんやろう?」と考えることがよくあった。鷲田氏の他の本で、「死ぬと分かっていて、なぜ人間は生きてゆけるのか、そういう根源的な問いに答えを出していくの 子供の頃から、「人間、どうせ死ぬのになんで生まれてきたんやろう?」と考えることがよくあった。鷲田氏の他の本で、「死ぬと分かっていて、なぜ人間は生きてゆけるのか、そういう根源的な問いに答えを出していくのが文学部というところだ」という大宅映子氏の言葉が引かれていた。文学部で学んだ私には明確な答えを出せたように思えないが、<わたし>は「他者の他者」としてある、ということばと、インターディペンデンスということばに、その答えを見いだせそうだ。扱うテーマは難解であるが、その内容は理解しやすい本である。 …続きを読む
    Gatsby
    2012年07月15日
    17人がナイス!しています
  • 本当に多くの箇所に線を引きました。哲学を学んだこともないし、哲学書を真面目に読んだことがないのですが、書かれていることの多くが共感でき、また一考してみたくなる内容でした。その一方で、この本を読んでどこ 本当に多くの箇所に線を引きました。哲学を学んだこともないし、哲学書を真面目に読んだことがないのですが、書かれていることの多くが共感でき、また一考してみたくなる内容でした。その一方で、この本を読んでどこかに行けたか?と言うと少し違います。自分の引き出しにしまっていた考えを引っ張り出して言葉にして貰えたのは事実なのですが、引き出しが増えた、と言う訳でもなく、でも勿論言葉になっていなかっものを自分が考えたといつつもりはないです。素晴らしい哲学ってそういうことなのかも。死なない私はこの後どこに行くのでしょうか? …続きを読む
    スズコ
    2015年11月30日
    16人がナイス!しています
  • 面白くてずんずん読めた。「幸福論は不幸の忘却であってはならないし、ありえもしない。」「ハウツー本は幸福を夢想することに足りているから退屈なのである。」私は底無しに明るいハウツー本を読んで明日も頑張ろう 面白くてずんずん読めた。「幸福論は不幸の忘却であってはならないし、ありえもしない。」「ハウツー本は幸福を夢想することに足りているから退屈なのである。」私は底無しに明るいハウツー本を読んで明日も頑張ろうと思うタイプだが自分の不幸に関する屈折した諦めが明日への意欲になることもある。死、老い、ケアについて、日々の雑務に忘れ去りたくない考えを文章の中にたくさん見つけた。付箋だらけになった。あと二周くらい読みたい。次は能動的に考えながら。 …続きを読む
    mukimi
    2014年11月27日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品