試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044064143

「旬」の日本文化

  • 著者 神崎 宣武
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044064143

フキノトウや端午の節句に感じる季節感。「旬」が伝える日本の文化を知る。

俳句の季語に代表されるように、四季の移ろいに敏感な日本人。フキノトウに春、初鰹に夏、ススキに秋を感じ、正月には気持ちが改まる。民俗学的な視点から、食事や行事に映る「旬」の文化を読み解く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「旬」の日本文化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 四季の移り変わるの中で生活して、自然の神と共に生きていきている事を再認します。 昔からの町の行事が 盆踊り、鏡餅、 除夜とか始まりの意味が判り考えては参加してみます。 四季の移り変わるの中で生活して、自然の神と共に生きていきている事を再認します。 昔からの町の行事が 盆踊り、鏡餅、 除夜とか始まりの意味が判り考えては参加してみます。
    けっち
    2010年12月15日
    2人がナイス!しています
  • 砂糖が普通に使えるようになったのも台湾を統治していた100年ぐらい前から、それ以前は餡子を使った菓子は貴重なものだったんですね。鳥や虫の声を賞でる機会って田舎に行くと良さが分かるのですが都会生活してる 砂糖が普通に使えるようになったのも台湾を統治していた100年ぐらい前から、それ以前は餡子を使った菓子は貴重なものだったんですね。鳥や虫の声を賞でる機会って田舎に行くと良さが分かるのですが都会生活してると季節を味わうことが減っているのでもっと季節の楽しみに目を向けてみようと思うのでした。そろそろ梅雨だし紫陽花とか楽しみたいものです。 …続きを読む
    ishicoro
    2019年06月07日
    1人がナイス!しています
  • 住んでいる国の昔から続く春夏秋冬の行事や食べ物、言い伝えなどを知るのも一興と言う理由で読みました。 決して、近所の図書館で「日本の文化を知ろう」的なコーナーがあり、軽い気持ちで読んだたのではありません 住んでいる国の昔から続く春夏秋冬の行事や食べ物、言い伝えなどを知るのも一興と言う理由で読みました。 決して、近所の図書館で「日本の文化を知ろう」的なコーナーがあり、軽い気持ちで読んだたのではありません。 内容についてですが、ただ単に季節を味わい、昔の粋人を真似るだけと思っていたイベントの理由、意味、伝統などを知ることができ、もう少し身をいれて参加しよう、程々に、と思わせられるものでした。 あと、丑三つ時にはトイレにいかないことを誓いました。 実体があれば対処出来るかもしれませんが、ないなら無理です。 …続きを読む
    とびえ
    2013年10月21日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品