九十九怪談 第一夜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048738804

九十九怪談 第一夜

  • 著者 木原 浩勝
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048738804

「新耳袋」の木原浩勝が放つ怪談新シリーズ!

そっと身近に現れては消えるさまざまな「怪」。「新耳袋」シリーズで全く新しい現代の怪談スタイルをうち立てた木原浩勝の新シリーズが始動。満を持して送る、現代百物語の新スタンダード誕生!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九十九怪談 第一夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実話に基づく怖い話は大好き。でも、決して「出る」というスポットに自ら行くことはありません。それは死者をバカにする態度だから。本書の中で一番怖かったのは飼っている金魚やインコが次々といなくなったというお 実話に基づく怖い話は大好き。でも、決して「出る」というスポットに自ら行くことはありません。それは死者をバカにする態度だから。本書の中で一番怖かったのは飼っている金魚やインコが次々といなくなったというお話でした。私もかつて金魚を飼っていたし、今はセキセイインコを飼っているのでリアルでした。イベント オール・ハロウズ・イヴ(All Hallow's Eve)Fantasy読書会(10月1日~10月31日)参加として読みました。 …続きを読む
    瑪瑙(サードニックス)
    2018年10月10日
    41人がナイス!しています
  • 怖いだけではなく、不思議な話がいっぱい。不思議な事って、日常の中に実はたくさんあるのかもしれないですね。 怖いだけではなく、不思議な話がいっぱい。不思議な事って、日常の中に実はたくさんあるのかもしれないですね。
    ★YUKA★
    2018年12月04日
    40人がナイス!しています
  • 短くて読みやすい怪談集。長くて3ページくらいのボリュームです。個人的にこのくらいのボリュームの方が好きかも! これ、第十夜まであるのでじっくり楽しみます…👻 短くて読みやすい怪談集。長くて3ページくらいのボリュームです。個人的にこのくらいのボリュームの方が好きかも! これ、第十夜まであるのでじっくり楽しみます…👻
    まゆまゆ
    2019年04月05日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品