きみが住む星

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
112
ISBN:
9784043820023

きみが住む星

  • 著者 池澤 夏樹
  • 写真 エルンスト・ハース
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
112
ISBN:
9784043820023

世界中の旅先で書いた22通の手紙。大切なあの人へ届けたいフォトブック

成層圏の空を見たとき、ぼくはこの星が好きだと思った。ここがきみが住む星だから。他の星にはきみがいない。鮮やかな異国の風景、出逢った愉快な人々、恋人に伝えたい想いを、絵はがきの形で。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きみが住む星」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 非常に好みの本で、読んでいる時に気持ちが高揚した。ぼくがきみに旅先から送る、優しさに満ちた手紙。最初の手紙でスケールの大きな視点が示される箇所が特に好きだ。きみがいるからこの星が好きなんだ、きみがここ 非常に好みの本で、読んでいる時に気持ちが高揚した。ぼくがきみに旅先から送る、優しさに満ちた手紙。最初の手紙でスケールの大きな視点が示される箇所が特に好きだ。きみがいるからこの星が好きなんだ、きみがここに立っているのは、奇跡のような自然の造形の積み重ねの結果だ、とぼくは書く。詩人から出発した人なので、一つ一つの言葉に鮮やかなイメージが込められていて、読んでいると脳裏に情景が生き生きと浮かんできた。「朝焼けコレクター」とか「風景を洗う」と言った表現は、詩人の感性から来るものだ。手元に置いて繰り返し読みたい。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2017年09月14日
    115人がナイス!しています
  • きみが住む星  1992.10発行。字の大きさは…小。 この本は、美しい風景と、愛しい人に宛てた手紙が綴られた、恋の本かと思って最後まで読んでしまいました。 そして、いつ旅が終わって愛しい人のもとに帰 きみが住む星  1992.10発行。字の大きさは…小。 この本は、美しい風景と、愛しい人に宛てた手紙が綴られた、恋の本かと思って最後まで読んでしまいました。 そして、いつ旅が終わって愛しい人のもとに帰るのかと……最後まで気になっていました。 美しい風景を見ながら愛しい人にふみを書く、その思いを私は読んでして癒され、そしてせつなく感じました。 池澤夏樹さんの本を読むのは始めてです。 …続きを読む
    やま
    2020年05月30日
    113人がナイス!しています
  • 旅先での写真とともに送る恋人への手紙の形をとっている。どこの国か、または複数の国なのかわからないが、花の多い風景も、海沿いも、砂漠のようなところも写真がとてもきれいだ。花の写真は確かに心を和ますが、圧 旅先での写真とともに送る恋人への手紙の形をとっている。どこの国か、または複数の国なのかわからないが、花の多い風景も、海沿いも、砂漠のようなところも写真がとてもきれいだ。花の写真は確かに心を和ますが、圧倒的なのは、住むのが厳しいように見える風景。掘られた石が集まった場所や、急斜面の荒涼としたところには是非行ってみたくなる。そしてフラミンゴが飛び立つ写真には息をのんだ。 …続きを読む
    ケイ
    2014年05月01日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品