いつも旅のなか

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043726066

関連作品有り

いつも旅のなか

  • 著者 角田 光代
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043726066

仕事も名前も年齢も、なんにも持っていない自分に会いにゆこう

ロシアの国境で居丈高な巨人職員に怒鳴られながら激しい尿意に耐え、キューバでは命そのもののように人々にしみこんだ音楽とリズムに驚く。五感と思考をフル活動させ、世界中を歩き回る旅の記録。

メディアミックス情報

NEWS

「いつも旅のなか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 角田さんの旅本は、いつだって読み手の過去旅を回想させてくれる。今回心に残ったのは、旅先で出会った人と住所を交換して、忘れたころに写真が届いたというくだり。今じゃLINEやiMessageで瞬時に画像は 角田さんの旅本は、いつだって読み手の過去旅を回想させてくれる。今回心に残ったのは、旅先で出会った人と住所を交換して、忘れたころに写真が届いたというくだり。今じゃLINEやiMessageで瞬時に画像は交換できるしね。以前読んだときには未訪だった台湾に関しては、角田さんは「この国の将来は大丈夫」と断言していらっしゃる。最近ではきな臭いニュースを耳にする御地、以来二度訪問したわたしもそう信じたい。 …続きを読む
    ミカママ
    2021年07月24日
    524人がナイス!しています
  • なかなかに上質の旅エッセイ。角田光代さんの旅のスタイルと個性が遺憾なく発揮されている。それにしても、こんなに度々旅行に行けるお金と時間とを捻出できる生活の余裕は、実に羨ましい限り。とんでもない辺境には なかなかに上質の旅エッセイ。角田光代さんの旅のスタイルと個性が遺憾なく発揮されている。それにしても、こんなに度々旅行に行けるお金と時間とを捻出できる生活の余裕は、実に羨ましい限り。とんでもない辺境には足を延ばしてはいないけれど(それが彼女の旅の基本スタイルでもあるのだろう)、それでもモロッコのトドラ渓谷やモンゴルの大平原に行っている。そんな彼女の旅の原点はタイであるらしい。基本的にはアジア旅派だ。この紀行を読んで、私が一番行きたくなったのはキューバ。キューバは、今もこんな風だろうか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年04月13日
    432人がナイス!しています
  • 大好きな角田さんの旅エッセイ、私自身も旅から帰ったばかり、角田さんの訪れた国も私自身の経験といくつかかぶってる、とあれば面白くないはずがない。まずは彼女の行動力と、旅を楽しむわよ!いう気迫に脱帽。そう 大好きな角田さんの旅エッセイ、私自身も旅から帰ったばかり、角田さんの訪れた国も私自身の経験といくつかかぶってる、とあれば面白くないはずがない。まずは彼女の行動力と、旅を楽しむわよ!いう気迫に脱帽。そういや私も若い頃は無茶やったっけ。角田さんのベトナムでの体験には、思わずしんみり。ベトナムも行ってみたいなぁ、あー、イタリアも! …続きを読む
    ミカママ
    2016年07月17日
    240人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品