いつも旅のなか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043726066

いつも旅のなか

  • 著者 角田 光代
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043726066

仕事も名前も年齢も、なんにも持っていない自分に会いにゆこう

ロシアの国境で居丈高な巨人職員に怒鳴られながら激しい尿意に耐え、キューバでは命そのもののように人々にしみこんだ音楽とリズムに驚く。五感と思考をフル活動させ、世界中を歩き回る旅の記録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いつも旅のなか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なかなかに上質の旅エッセイ。角田光代さんの旅のスタイルと個性が遺憾なく発揮されている。それにしても、こんなに度々旅行に行けるお金と時間とを捻出できる生活の余裕は、実に羨ましい限り。とんでもない辺境には なかなかに上質の旅エッセイ。角田光代さんの旅のスタイルと個性が遺憾なく発揮されている。それにしても、こんなに度々旅行に行けるお金と時間とを捻出できる生活の余裕は、実に羨ましい限り。とんでもない辺境には足を延ばしてはいないけれど(それが彼女の旅の基本スタイルでもあるのだろう)、それでもモロッコのトドラ渓谷やモンゴルの大平原に行っている。そんな彼女の旅の原点はタイであるらしい。基本的にはアジア旅派だ。この紀行を読んで、私が一番行きたくなったのはキューバ。キューバは、今もこんな風だろうか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年04月13日
    409人がナイス!しています
  • 私は基本的に出不精のインドア派で、従って滅多に旅に出ない。だが、そんな私にもどこかに旅に出たいという欲求が眠っているらしく、旅をテーマにした本を好んでよく読む。中でも角田さんのエッセイは好きだ。私の目 私は基本的に出不精のインドア派で、従って滅多に旅に出ない。だが、そんな私にもどこかに旅に出たいという欲求が眠っているらしく、旅をテーマにした本を好んでよく読む。中でも角田さんのエッセイは好きだ。私の目には旅のベテランのように映る角田さんは、旅はいつまでたっても慣れないし疲れると言う。そしてその上で旅が好きだとはっきり書いているので、旅は何かそう感じさせる純粋な光があるのだろうなと思うのだ。私もその光を探しに行きたい、と。旅先でその土地で書かれたものを読み、本の中と目の前の風景が重なる奇跡を体験してみたい。 …続きを読む
    ユメ
    2018年02月20日
    49人がナイス!しています
  • 読書不調なのでこんなときは元気が出る本をと、大好きな角田さんの旅エッセイを。いやぁ楽しい。肩肘張らないというか率直というか間正直というか。モロッコで出会った善意の青年に日本人旅行客の押し付けた理想の商 読書不調なのでこんなときは元気が出る本をと、大好きな角田さんの旅エッセイを。いやぁ楽しい。肩肘張らないというか率直というか間正直というか。モロッコで出会った善意の青年に日本人旅行客の押し付けた理想の商売人を見たり、ペテルブルグに違和感を感じたり、バリでヤクにやられたり。こういうのを読んで顔をしかめる人もなかにはいるかもしれないと心配しつつ、でもそこには必ず作家ならではの視点もあって、そこが面白い。思わずこえにだして笑ったり涙ぐんだりしながら、旅する気持ちで読んだ。楽しかった。 …続きを読む
    りつこ
    2016年06月30日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品