試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043874019

山流し、さればこそ

  • 著者 諸田 玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043874019

無念と逆境の中で知った本当の人生とは。人気作家の時代長編!

寛政年間、数馬は同僚の奸計により、「山流し」と忌避される甲府勝手小普請へ転出を命じられる。甲府は城下の繁栄とは裏腹に武士の風紀は乱れ、数馬も盗賊騒ぎに巻き込まれる。逆境の生き方を問う時代長編。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「山流し、さればこそ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何度も読み止めようと思いつつ、読メさんのアドバイスを思い出し、数日かけて読みました。 左遷された男の人にとって、多紀さんや蕗さん、都万さんも含めて女性陣の役割は大きいと痛感しました。 住めば都というの 何度も読み止めようと思いつつ、読メさんのアドバイスを思い出し、数日かけて読みました。 左遷された男の人にとって、多紀さんや蕗さん、都万さんも含めて女性陣の役割は大きいと痛感しました。 住めば都というのは、結果が良かったから言える事でしょう。 何処に住むかではなく、周りにどんな人が居るかだと思いました。 武陵さんが素敵でした。 一つの事に打ち込んで、毎日を好奇心でいっぱいにしてるのが羨ましい。 数馬さんが主役なのですが、他の方々にばかり目がいってしまいました。 …続きを読む
    ぶんこ
    2015年10月29日
    44人がナイス!しています
  • 再読。同僚の奸計で『甲府勤番、山流し』となった数馬が、やがて自らの生きる道を見いだし甲府の地に骨を埋める。住めば都、大切なのは人、しみじみ思う。私のお薦め諸田作品、No.1。 再読。同僚の奸計で『甲府勤番、山流し』となった数馬が、やがて自らの生きる道を見いだし甲府の地に骨を埋める。住めば都、大切なのは人、しみじみ思う。私のお薦め諸田作品、No.1。
    朝顔
    2015年10月13日
    43人がナイス!しています
  • ちょっと読むのに辛さもありましたが、全体としては面白かったです。出世の道を歩んでいた数馬が甲府へと山流しされてしまいます。この鎖線からして理不尽だと思うのですが、家族と共に行った甲府で待っていたのは風 ちょっと読むのに辛さもありましたが、全体としては面白かったです。出世の道を歩んでいた数馬が甲府へと山流しされてしまいます。この鎖線からして理不尽だと思うのですが、家族と共に行った甲府で待っていたのは風紀が乱れ、荒んだ武士たちというのが痛いですね。まさに苛めまっしぐらの道です。謎の女がいなければ救われなかったでしょう。しかし、それを機に盗賊騒ぎに巻き込まれるのだから恐ろしいのですが。江戸にいては気づかないことに逆境の中に投げられたからこそ見えたのだと思います。山流しも悪いことだけではなかったようですね。 …続きを読む
    優希
    2014年09月15日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品