ばいばい、アースIV 今ここに在る者

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044729073

ばいばい、アースIV 今ここに在る者

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044729073

少女よ剣をとれ。疑いが世界を喰いつくす前に--

惹かれあいながらも、敵味方となったベルと孤剣士アドニスの闘いは世界すらも巻き込み、そしてついに訣別の時が。--壊れかけた世界をひとつにつないで、ベルは旅に出る。無双のハイファンタジー、ここに完結。


メディアミックス情報

NEWS

「ばいばい、アースIV 今ここに在る者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最終巻。ベルとアドニスの闘い。長く、痛く、苛烈で、そして最後にそれ言うのかよぉアドニス…淋しい…とても。二人、共に、別々の孤独を抱えて。そしてベルは旅に出る。世界観に関しては大体最初に考えていた通りだ 最終巻。ベルとアドニスの闘い。長く、痛く、苛烈で、そして最後にそれ言うのかよぉアドニス…淋しい…とても。二人、共に、別々の孤独を抱えて。そしてベルは旅に出る。世界観に関しては大体最初に考えていた通りだったけれど、フィナーレの盛り上がりは壮大だった。そして文章から伝わる熱量がすごかった。これが若さか…。ギネスやベネット、ガフ、シェリーとの別れも淋しい。晴れ晴れしくも淋しい。そんな読了感。 …続きを読む
    つたもみじ
    2017年09月04日
    31人がナイス!しています
  • 『後宮小説』+『ベルセルク』みたいな内容のこの小説、昔ハードカバー版を読んだ時とはだいぶ印象が違う。冲方さん自身は全く政治的意図を込めていなかっただろうけども、これって結構「政治的」な話だと思う。少な 『後宮小説』+『ベルセルク』みたいな内容のこの小説、昔ハードカバー版を読んだ時とはだいぶ印象が違う。冲方さん自身は全く政治的意図を込めていなかっただろうけども、これって結構「政治的」な話だと思う。少なくとも政治的な深読みをする余地がある話だ。 …続きを読む
    明智紫苑
    2016年07月16日
    31人がナイス!しています
  • 読み終わった~~!作者の熱量がすげェ。若かったんだね。よくぞ書き切った!すごい!正直タイトルから敬遠してたがもっと早く読んでいればよかった。やっぱり冲方丁は面白い! 読み終わった~~!作者の熱量がすげェ。若かったんだね。よくぞ書き切った!すごい!正直タイトルから敬遠してたがもっと早く読んでいればよかった。やっぱり冲方丁は面白い!
    いおむ
    2019年02月09日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品