ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044729066

ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784044729066

繋がれない二人を、血はあたたかく濡らす。

つかの間心を触れあわせたベルと孤剣士アドニス。だが、運命は闘いの場へと二人を導いてゆく。そして流されてはならぬ血がついに流れたとき、ベルは--!?


メディアミックス情報

NEWS

「ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • カタコームで共に戦った城外の民の指導者・ジンバックの死を弔う場面から。酒を飲み剣を合わせ、穏やかに夜は更けていく。一方で飢餓同盟に身を捧げたアドニスは試者の灰を手に王の元へと。物語は急速に展開していき カタコームで共に戦った城外の民の指導者・ジンバックの死を弔う場面から。酒を飲み剣を合わせ、穏やかに夜は更けていく。一方で飢餓同盟に身を捧げたアドニスは試者の灰を手に王の元へと。物語は急速に展開していきます。ギネスからの嘆願を手に王へ謁見する三人。王の死。アドニスに砕かれた剣。新しい王と死んだ王の葬儀。飢餓同盟との闘い。神の樹の深部へと。目まぐるしい狂騒。闘いは苛烈。人々が神へ、機械仕掛けの神へ向ける想いの変化が終幕への始まりか。そして読み進めながら、ついつい「アドニス…お前よぉ」と呟いてしまう私。 …続きを読む
    つたもみじ
    2017年09月01日
    34人がナイス!しています
  • 飢餓同盟の刺客たちがずいぶんと凄まじい。そもそも飢餓同盟自体が某カルト教団を連想させるくらいおぞましい描写だな。見事なまでのダークファンタジーだ。 飢餓同盟の刺客たちがずいぶんと凄まじい。そもそも飢餓同盟自体が某カルト教団を連想させるくらいおぞましい描写だな。見事なまでのダークファンタジーだ。
    明智紫苑
    2016年07月11日
    28人がナイス!しています
  • ベルが様々な状況に打ちのめされつつも乗り越え成長していく姿が嬉しい。貴重な仲間を得たが、敵に回る方もただ単に敵という役回りでなくしっかり背景を持って関わってくる。戦闘シーンは巻を重ねる度に凄まじくなる ベルが様々な状況に打ちのめされつつも乗り越え成長していく姿が嬉しい。貴重な仲間を得たが、敵に回る方もただ単に敵という役回りでなくしっかり背景を持って関わってくる。戦闘シーンは巻を重ねる度に凄まじくなる!すごい。 …続きを読む
    いおむ
    2017年01月22日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品