はなとゆめ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041041147

はなとゆめ

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041041147

『天地明察』『光圀伝』の異才が放つ、傑作歴史小説!

なぜ彼女は、『枕草子』を書いたのか――。28歳の清少納言は、帝の妃である17歳の中宮定子様に仕え始めた。華やかな宮中の雰囲気になじめずにいたが、定子様に導かれ、その才能を開花させていく。機転をもって知識を披露し、清少納言はやがて、宮中での存在感を強める。しかし幸福なときは長くは続かず、権力を掌握せんとする藤原道長と定子様の政争に巻き込まれて……。清少納言の心ふるわす生涯を描く、珠玉の歴史小説!

人物相関図


おすすめコメント

手の中で弾ける宮中の香り。
「怖がらずあなただけの花を見つけて」と
清少納言が語りかけてくる。
――末次由紀さん(漫画家、『ちはやふる』作者)

しなやかに、したたかに。
平安を生きた女性から、平成を生きる女性へ贈られるエール。
筆致は同じ女性としか思えない。
冲方節、ここに極まれり。
——有川浩氏(作家)

華を愛して花開く。夢の日々を書き残す。これが冲方丁の描く、新たなる清少納言像だ
——細谷正充氏(文芸評論家)

枕草子にまつわる様々な謎を、冲方さんは小説の中で、解決していきます。
千年前に咲いては散った大輪の華の数々が、この物語によって、鮮やかに蘇りました。
——酒井順子氏(エッセイスト)

宮中でのおもしろおかしいことを勝気な女房が綴った随筆。学校で習ったそんなイメージが一転しました。
生意気な才女でもなく、ただ時代の波に流された弱い女でもない。政争に翻弄されようとも、仕えた主人が強く生きた証を千年後までも残した。そんな忠義の人「清少納言」を描き切った傑作。
冲方さんの手によって枕草子がまったく新しい物語に見えてきました。
——ときわ書房 IY船橋店 小峰麻衣子さん

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『はなとゆめ』プロモーションビデオ

イラスト展開催記念!トークショー


「はなとゆめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 珠玉恍惚!1000年という広大な時を経て歴史の冠たる『史上初のエッセイ集:枕草子』の著者が私に読者に語りかける!その時代はね、この人はね、頭に来るのはね、嬉しかったのはね、と!語り手はかの『清少納言』 珠玉恍惚!1000年という広大な時を経て歴史の冠たる『史上初のエッセイ集:枕草子』の著者が私に読者に語りかける!その時代はね、この人はね、頭に来るのはね、嬉しかったのはね、と!語り手はかの『清少納言』これは奇跡のタイムトラベル!冲方さんのフィルターを通じ清少納言が語りかけてくれる!これを奇跡と呼ばずして何を奇跡と?ネットもテレビも雑誌もない時代、1000年以上も前、憧れの君への憧れ度は想像できない深恋慕だろう!美しき鮮やかな筆致で蘇る清少納言の『気高き想い』に触れられる僥倖贅沢、大いに堪能しました‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2019年05月26日
    356人がナイス!しています
  • 2018年270冊め。これは面白かった。中宮定子が映画を誇る時期に何ひとつ不自由ない環境の彼女を楽しませるためだけに書かれたもののような印象だったが、定子にしろ著者の清少納言にしろ、これほど苦難の日々 2018年270冊め。これは面白かった。中宮定子が映画を誇る時期に何ひとつ不自由ない環境の彼女を楽しませるためだけに書かれたもののような印象だったが、定子にしろ著者の清少納言にしろ、これほど苦難の日々を送ったとは知らなかった。のちに紫式部が酷評したことによって、清少納言の狙いが達成されたことが明らかになるのが面白い。枕草子、きちんと読んでみよう。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2018年07月06日
    150人がナイス!しています
  • 自転車旅に出て、直島の本村を走っているときに雨に遭い、家プロジェクト「石橋」の中の縁側に坐って読んだ。旧家の落ち着いた庭にむかって、雨の雫が屋根からポタポタ落ちる音を聴きながらの読書はしばらく現代を忘 自転車旅に出て、直島の本村を走っているときに雨に遭い、家プロジェクト「石橋」の中の縁側に坐って読んだ。旧家の落ち着いた庭にむかって、雨の雫が屋根からポタポタ落ちる音を聴きながらの読書はしばらく現代を忘れさせる極上の時間となった。清少納言の「あわい」を見るのが好きという気持ち、中宮・定子様の華を愛し「中宮様の番人」を自任する気持ちが胸をうった。愛しいと感じる全てを書く、愛しさを通して憎らしさも嫌なこともすべて面白いものにかえて書いてしまう。それが「枕草子」となったのだなぁと感慨深い。 …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2016年10月02日
    139人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

普段あまり時代小説は読まないので、とても緊張していました。
今まで読んでいたものと比べて少しかためといいますか、時代小説ということもあり、序盤は少し戸惑いましたが、読めば読むほど作品に引き込まれていく感覚でした。
——弐仁 さん (学生)

江戸を舞台にした時代小説は何冊か読んだことがあるものの、平安時代を舞台にしたものは初めてでした。あまりなじみのない世界観だったもののすっと本の中に入り込めたと思います。
——紐メガネ さん (学生)

清少納言の頭の回転の良さ、定子の優しい人間性。 私はこの二人の求めあう関係がとても好きだ。 定子という人間の優しさや気遣いは何処から生まれたものなのだろう。
——yuyu さん (自営業)

著者紹介

冲方丁(うぶかた・とう)

1977年岐阜県生まれ。96年、大学在学中に「黒い季節」で第1回スニーカー大賞金賞受賞しデビュー。2003年、「マルドゥック・スクランブル」で第24回日本SF大賞を受賞。09年初の歴史小説「天地明察」を刊行、第31回吉川英冶文学賞新人賞、第7回本屋大賞を受賞。2012年、「光圀伝」で第3回山田風太郎賞を受賞。冲方丁 ぶらりずむ黙契録

この著者の商品

最近チェックした商品