ばいばい、アースII 懐疑者と鍵

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784044729042

ばいばい、アースII 懐疑者と鍵

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784044729042

理由<ことわり>の少女と、懐疑する剣士、共鳴する心と傷つけ合う躰--

自らと同じ種族を捜して旅立った少女ベルは、孤高の剣士アドニスと出会い、心を通わせる。だが彼の負った宿命はあまりに重く、ついにある夜--冲方丁幻の傑作、待望の第2巻!!


メディアミックス情報

NEWS

「ばいばい、アースII 懐疑者と鍵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 世界観が自分の中でこなれてきたおかげでますます面白い。色々感想はあるが、アドニスをまずは素手でぶん殴ったシアンに笑った。この反応が人間味があってシアンに好感がもてました。 世界観が自分の中でこなれてきたおかげでますます面白い。色々感想はあるが、アドニスをまずは素手でぶん殴ったシアンに笑った。この反応が人間味があってシアンに好感がもてました。
    いおむ
    2016年08月07日
    24人がナイス!しています
  • アドニスってどことなく『マルドゥック・スクランブル』のシェルみたいな虚無的なイメージがあるけど、この巻での状況は『ベルセルク』のグリフィスを連想させるんだな。どうにかならなかったのか? いや、どうにも アドニスってどことなく『マルドゥック・スクランブル』のシェルみたいな虚無的なイメージがあるけど、この巻での状況は『ベルセルク』のグリフィスを連想させるんだな。どうにかならなかったのか? いや、どうにも出来ないからこその「運命」か。初登場時の印象はあまり良くなかった女性版ベネディクティンはいい人だったのね。 …続きを読む
    明智紫苑
    2016年07月09日
    24人がナイス!しています
  • カタコームでの戦いを終え、死地を共に潜り抜けたベル、ギネス、ベネット、アドニスの四人が気の置けない雰囲気で笑い合ったり、城の筆頭歌士であるお嬢様シェリーを含めてのやり取りは仄々として和気藹々と楽しかっ カタコームでの戦いを終え、死地を共に潜り抜けたベル、ギネス、ベネット、アドニスの四人が気の置けない雰囲気で笑い合ったり、城の筆頭歌士であるお嬢様シェリーを含めてのやり取りは仄々として和気藹々と楽しかった。…のに、後半の重さたるや。生まれた時からの呪いで諦める事に慣れていたアドニスにとっても、キースの最後は辛過ぎたのだろう。そしてそれを受け止めたベルの心痛も。二人は別離し、アドニスは飢餓同盟に堕ちて初めて自分の剣を得る。ベルは世界を閉ざし塞ぎ込み続け…そして、ベネディクティンは可愛らしく、本当に美しかった。 …続きを読む
    つたもみじ
    2017年08月25日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品