夜は短し歩けよ乙女

アニメ化作品

2007年 第20回 山本周五郎賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048737449

アニメ化作品

2007年 第20回 山本周五郎賞

夜は短し歩けよ乙女

  • 著者 森見 登美彦
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048737449

鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー!

「黒髪の乙女」に想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。2人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件、そして運命の大転回だった!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜は短し歩けよ乙女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大学読書人大賞なる賞があるようで、本書はその2010年の受賞作である。内容は、「黒髪の乙女」に惹かれる「先輩」の孤軍奮闘の物語だが、京都で学生時代を過ごした人間には懐かしくて身もだえする設定になってい 大学読書人大賞なる賞があるようで、本書はその2010年の受賞作である。内容は、「黒髪の乙女」に惹かれる「先輩」の孤軍奮闘の物語だが、京都で学生時代を過ごした人間には懐かしくて身もだえする設定になっている。最後の「進進堂」のシーンは私も こんな設定をしたいと思ったものだ。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2010年10月03日
    465人がナイス!しています
  • ーん、これは好きだなあ。一見(一読)、文章の羅列のようにも見える、だんだん引きずり込まれてしまう。それでいて、わけの分からぬ言葉がモザイクのように散りばめられているだけのようだけど、どこかでしっくりし ーん、これは好きだなあ。一見(一読)、文章の羅列のようにも見える、だんだん引きずり込まれてしまう。それでいて、わけの分からぬ言葉がモザイクのように散りばめられているだけのようだけど、どこかでしっくりしてしまう。男にとって京都の夜は、密かに眠っていたやましい心を揺り起こし、ある時は糺の森の闇夜の中に、またある時は叡山電車にのって鞍馬の山の向こうに、哀れに消えゆく恋心となる。そう、これは、何かしんみりしていて、でも痛快なアクション・ファンタスティック・ラブラブ・コメディドラマ。面白い!今後も楽しみだなぁ。 …続きを読む
    kishikan
    2008年02月19日
    463人がナイス!しています
  • 私はこの本とともにいる間、なんとも心地よくちょっと不思議な世界を彷徨いました。そして、ひたすら彼女に声援を送り、彼女を好きになっていきました。ちなみに彼女は天然です。いや天真爛漫といった方が適切でしょ 私はこの本とともにいる間、なんとも心地よくちょっと不思議な世界を彷徨いました。そして、ひたすら彼女に声援を送り、彼女を好きになっていきました。ちなみに彼女は天然です。いや天真爛漫といった方が適切でしょう。いやそれでも足りない。純真無垢、無邪気、可憐という称号も付け加えさせていただきましょう。妄想と現実とをごちゃごちゃにする無謀も、奇遇というご都合主義も、中身がなく結末がみえみえという誹謗中傷の類も、彼女の罪のない無邪気の前には全く説得力を持たない。なぜなら、理屈で無垢を断ずることはできないから。なむなむ! …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2009年12月14日
    435人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品