角川文庫

新釈 走れメロス 他四篇

気高いまでの破廉恥。 ―近代文学を現代京都に転生させた名短編集―

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033692
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

新釈 走れメロス 他四篇

気高いまでの破廉恥。 ―近代文学を現代京都に転生させた名短編集―

  • 著者 森見 登美彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033692

気高いまでの破廉恥。 ―近代文学を現代京都に転生させた名短編集―

芽野史郎は全力で京都を疾走した――無二の親友との約束を守「らない」ために! 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新釈 走れメロス 他四篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年519冊め。文豪たちの名作が、現代の腐れ大学生達に置き換えられてリメイクされる。友との約束を守らないために京都の町を疾走する腐れ大学生の表題作が一番笑える。原作の雰囲気をうまく生かしているの 2016年519冊め。文豪たちの名作が、現代の腐れ大学生達に置き換えられてリメイクされる。友との約束を守らないために京都の町を疾走する腐れ大学生の表題作が一番笑える。原作の雰囲気をうまく生かしているのは『山月記』かな。5編とも原作は既読だけど、近々再読しよう。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月03日
    136人がナイス!しています
  • 5つの有名短編を森見さんが現代の京都を舞台に阿吊大学生を主役にそれぞれオマージュした短編集。緩やかに繋がっていて同じ人物の様々な面をから見ることが出来るのが面白い!「藪の中」は原作をシッカリと受け継ぎ 5つの有名短編を森見さんが現代の京都を舞台に阿吊大学生を主役にそれぞれオマージュした短編集。緩やかに繋がっていて同じ人物の様々な面をから見ることが出来るのが面白い!「藪の中」は原作をシッカリと受け継ぎながら誰の証言が正しいのかという問いを更に無意味なものにしている!でも、やっぱり一番に面白かったのは「走れメロス」バカバカしさが突き抜けてます!時刻まで友の為に走るというエッセンスは一緒ながらアホらしさが全開!「約束を守らない友情」という森見節が炸裂!頭の中がパンツで一杯になります!やっぱり桃色ブリーフ万歳! …続きを読む
    タカユキ
    2016年07月25日
    115人がナイス!しています
  • 文豪達の作品五篇を元ネタに阿呆京大生達の青春を描くリブート作品。\リブート\というのは\原作を元に全く違う視点で作り直したモノ\というような意味らしい。さて私、文豪の作品には知見がありませんが、どの作 文豪達の作品五篇を元ネタに阿呆京大生達の青春を描くリブート作品。\リブート\というのは\原作を元に全く違う視点で作り直したモノ\というような意味らしい。さて私、文豪の作品には知見がありませんが、どの作品も楽しんで、或いはしっとりと、作中世界に浸ることが出来ました。『走れメロス』は先生お得意のドタバタ劇で笑いを誘いますが、一番のお気に入りは『桜の森の満開の下』です。成功を手にした男の苦悩・葛藤と移り変わる四季の描写の対比が美しい。不思議の漂う共通の世界観と登場人物の繋がり。五篇でひとつの作品になっています。 …続きを読む
    『よ♪』
    2018年05月27日
    113人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品