ペンギン・ハイウェイ 公式読本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784041073292

ペンギン・ハイウェイ 公式読本

  • 著 森見 登美彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784041073292

ペンギン・ハイウェイの世界を徹底解剖!前日譚『郵便少年』も所収

森見登美彦の原風景、『ペンギン・ハイウェイ』が8年の時を経て遂に劇場アニメ化!
いまを代表するクリエイターたちが集結した傑作アニメをこの一冊で徹底解剖!
森見氏による書き下ろしエッセイ&アオヤマ君の前日譚を描いた短編小説も収録!

森見ファン必見!小学校3年生のアオヤマ君と不思議なおばあさんとの出会いを描いた傑作短編 『郵便少年』。
森見氏が作品への思いを余すことなく綴った書き下ろしエッセイ 『ペンギンなのにハイウェイ』。
『ペンギン・ハイウェイ』の全てがわかる、森見登美彦ロングインタビュー&石田祐康監督との対談。
数々の森見作品のアニメ脚本を手掛けてきた上田誠(ヨーロッパ企画)が語る、森見作品の魅力。
豪華キャスト&スタッフ陣の製作インタビュー。
アニメの感動を美麗なカットで振り返るストーリーガイド。
原作が出来上がるまでの軌跡や貴重な当時のインタビューも。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ


メディアミックス情報

NEWS

「ペンギン・ハイウェイ 公式読本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を鑑賞した感動醒めやらぬままに読む。充実した一冊。殊に、ほっと文庫を買いそびれてしまったので『郵便少年』が読めて大変嬉しい。これまで『ペンギン・ハイウェイ』は森見作品の中で異色の存在だと思っていた 映画を鑑賞した感動醒めやらぬままに読む。充実した一冊。殊に、ほっと文庫を買いそびれてしまったので『郵便少年』が読めて大変嬉しい。これまで『ペンギン・ハイウェイ』は森見作品の中で異色の存在だと思っていたけれど、映画を観て、そしてこの公式読本を読んで、むしろ森見作品の原風景なのだと理解した。アオヤマ君は研究熱心な科学の子だけれど、世界の果てや火星のことは現時点では科学では解明できず、彼をそこに向かって突き動かすのは信念や未来への希望だ。アオヤマ君はペンギン・ハイウェイを進むファーストペンギンなのだ。 …続きを読む
    ユメ
    2018年08月21日
    51人がナイス!しています
  • 紹介していただいた本。この作品の原作も好きです。ただ、アオヤマ君がこの先年齢を重ねて大学生になったら、森見さんの作品によく登場する阿呆な大学生になる可能性が0ではないと思うと複雑なのですよ。そんな穿っ 紹介していただいた本。この作品の原作も好きです。ただ、アオヤマ君がこの先年齢を重ねて大学生になったら、森見さんの作品によく登場する阿呆な大学生になる可能性が0ではないと思うと複雑なのですよ。そんな穿った見方をするのは私を含む少数派と思うけれど。アオヤマくんには、このまま大人になって欲しい、と阿呆な大人になってしまった私はペンギン・ハイウェイ関連の本を見るたびに思うのです。紹介を機に登録。 …続きを読む
    いちろく
    2018年11月30日
    43人がナイス!しています
  • 残念ながら映画を見に行くことがタイミングが合わずできなかったので、どこかで何かの機会に見てみたい。ストーリーガイド、キャスト・スタッフのインタビュー、森見さんのお話などなど盛りだくさん。特別短編の郵便 残念ながら映画を見に行くことがタイミングが合わずできなかったので、どこかで何かの機会に見てみたい。ストーリーガイド、キャスト・スタッフのインタビュー、森見さんのお話などなど盛りだくさん。特別短編の郵便少年もよかった。 …続きを読む
    ネコタ
    2018年11月04日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品