すじぼり

2008年 第10回 大藪春彦賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048737401
ニコカド祭り2020

2008年 第10回 大藪春彦賞

すじぼり

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048737401

少年の瞳にうつる、壮絶に散ったやくざの生きざま。

ひょんなことからやくざ事務所に出入りすることになった亮。時代に取り残され、次第に生きる道を失っていく昔ながらの組の最期に立ち会う少年の目を通して、一つの時代の終焉を哀切と共に綴る瑞々しい青春極道小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「すじぼり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北九州の三流大学に通う亮と和也と翔平の三人。アホ大学でも単位を取らんな、卒業も出来へんし企業の内定ももらえない。かといって勉強するわけでもないこの三人組「サーティーン」というクラブに大麻を盗みにい行こ 北九州の三流大学に通う亮と和也と翔平の三人。アホ大学でも単位を取らんな、卒業も出来へんし企業の内定ももらえない。かといって勉強するわけでもないこの三人組「サーティーン」というクラブに大麻を盗みにい行こうと話がまとまり決行したのはいいが、このクラブのケツ持ちをしているヤクザに追われる羽目に。そして速水組という同系列だが対立しているヤクザに助けを求める。亮がどこかでけじめをつければそこまでならないものを、踏ん切りが悪いものやから最後は組同士の抗争に発展してしまう。良し悪しは別としてシュッと読めます。そんだけ。 …続きを読む
    reo
    2018年02月12日
    16人がナイス!しています
  • 青春極道小説・・・と言いながら本格極道小説だった。 人次々死んじゃうし結構本格的なかちこみやるし・・・男気のある出演者が多かっただけに残念。ハードボイルドの心づもりが無かったので読むのに心が苦しかった 青春極道小説・・・と言いながら本格極道小説だった。 人次々死んじゃうし結構本格的なかちこみやるし・・・男気のある出演者が多かっただけに残念。ハードボイルドの心づもりが無かったので読むのに心が苦しかった。 …続きを読む
    はな
    2018年08月14日
    11人がナイス!しています
  • ここ最近、立て続けに「これぞ任侠道‼(^o^)」という作品を借りて読んでいたので、主人公の大学生・亮にイライラし、何度罵声を浴びせたことか(*`Д´)ノ!!!本を貸してもらった友人に亮に対するイライラ ここ最近、立て続けに「これぞ任侠道‼(^o^)」という作品を借りて読んでいたので、主人公の大学生・亮にイライラし、何度罵声を浴びせたことか(*`Д´)ノ!!!本を貸してもらった友人に亮に対するイライラぶりをぶつけて「まあまあ、落ち着きなよヾ(--;)」と言われる始末(-\-;)これから亮がどの道を行くにしても、マシな人間になってくれないと、亮の父親や彼女の菜奈、命を落とした人達が報われない!ι(`ロ´)ノ …続きを読む
    ざるめ
    2016年03月15日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品