S霊園 怪談実話集

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041081945

S霊園 怪談実話集

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041081945

気づいた人からからめとられていく、日常と隣り合わせの恐怖

携帯メールを打っている最中、変換された奇妙な文章と、その後起きた恐ろしい出来事(「誤変換」)、「兄物」と書かれた古い箱を開けた少年を襲う恐怖(「あにもの」)など、端正な筆致でつづる怪談実話集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「S霊園 怪談実話集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実話怪談集。語られている内容自体は大した事が無いか勘違いみたいなのも多いのであるが、著者の淡々としていてそれで段々と盛り上げてくるような語り口が実に上手い。「カップ麺のゆくえ」なんて、カップ麺が無くな 実話怪談集。語られている内容自体は大した事が無いか勘違いみたいなのも多いのであるが、著者の淡々としていてそれで段々と盛り上げてくるような語り口が実に上手い。「カップ麺のゆくえ」なんて、カップ麺が無くなるというただそれだけの話なのにそれを読ませるのは筆力というか何というか。ただ「事故が相次ぐ場所」とか表題作の「S霊園」とかだと、その淡々とした筆致が別の迫力を持って迫ってくる。「事故の相次ぐ場所」の実例が羅列される部分の怖さと言ったら…。やはり実話怪談は話の内容もそうだけど、筆力も重要と教えられた一冊でした。 …続きを読む
    HANA
    2019年08月30日
    70人がナイス!しています
  • 購入して即イッキ読みしてしまった~一話ずつが短いからどんどん読めちゃう。実話だからこそオチが不明で当たり前。それこそがリアリティだと思う。そんな中『黒い縦線』とか、こんな経験したら腰も抜けるわ。『S霊 購入して即イッキ読みしてしまった~一話ずつが短いからどんどん読めちゃう。実話だからこそオチが不明で当たり前。それこそがリアリティだと思う。そんな中『黒い縦線』とか、こんな経験したら腰も抜けるわ。『S霊園』って、あの霊園? …続きを読む
    なっち
    2019年08月24日
    38人がナイス!しています
  • 平易な文章でさらっと怪異が語られているので、仕事後の疲れた頭で読んでいると「ん?今のどこが怖かった?」と読み飛ばしそうになるほど。福澤さんの怪談は淡々としたこの距離感がよい。日常のなかに紛れて何かの拍 平易な文章でさらっと怪異が語られているので、仕事後の疲れた頭で読んでいると「ん?今のどこが怖かった?」と読み飛ばしそうになるほど。福澤さんの怪談は淡々としたこの距離感がよい。日常のなかに紛れて何かの拍子に遭遇してしまう怪異。気づかないだけで自分のまわりにもけっこうありそうな気がしてきた。できることなら気づきたくはないけれど。 …続きを読む
    あーびん
    2019年09月30日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品