試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041046371

怖の日常

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041046371

怪談実話の名手が端正な筆で炙り出す、日常に潜む怪異。

飛び降り自殺があったマンションで、女子高生が異様なものにつきまとわれる(「腐臭」)。寝ている間に体にできた引っかき傷が、徐々に深くなり増えていく(「傷」)他、じわじわと怖さがしみこんでくる60話を厳選


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怖の日常」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安定の語り口で本書もゾクゾクしなごら楽しめました。個人的には通常の幽霊よりも、今回は「応接室」や「天狗」のような異形のものが興味深かったです。「悪い店」や著者もあとがきで述べているように、土地に憑いた 安定の語り口で本書もゾクゾクしなごら楽しめました。個人的には通常の幽霊よりも、今回は「応接室」や「天狗」のような異形のものが興味深かったです。「悪い店」や著者もあとがきで述べているように、土地に憑いたモノの仕業なのか、立地が良いのに毎回ここに入る店は潰れるよね…というのがあり、うちの近所にもあるそんな土地に、いつも満員御礼な人気ラーメン店が先週から移転してきたので、どうなるやら、ちょっとこの辺で土地の運気変えるかな?と期待して見てます(笑)。 …続きを読む
    nuit
    2017年09月18日
    111人がナイス!しています
  • この前の夜、不意に2階のクローゼットの上の方から、ガタガタッ!という音が聞こえたので、行ってみた。と、再びガッターン!!と大きな音が間近でして流石にビクっとしたが、勇気を振り絞って、近くにあった棒で天 この前の夜、不意に2階のクローゼットの上の方から、ガタガタッ!という音が聞こえたので、行ってみた。と、再びガッターン!!と大きな音が間近でして流石にビクっとしたが、勇気を振り絞って、近くにあった棒で天井をガンガン叩いてみたがそれ以後何も聞こえない。実はそういう音が聞こえたことが前にも2、3回あった。ちょうど天井裏への点検口がクローゼットの天井にあるんだけど、音は続かないのでそのままにしていた。音がするのはいつも深夜だし、もし誰かがいたら怖いし・・・そんな実話系の怖い話がわんさか。「残穢」に繋がる話もある。 …続きを読む
    スカラベ
    2017年10月22日
    61人がナイス!しています
  • 福澤徹三さん、最初は他の作家さんに比べて、怪談としては文章が硬く、物足りないなと思っていたんですが、強烈に引き込まれる話がいくつかあり、いつの間にか読みふけってました。福澤さんのスタンス、超自然的な現 福澤徹三さん、最初は他の作家さんに比べて、怪談としては文章が硬く、物足りないなと思っていたんですが、強烈に引き込まれる話がいくつかあり、いつの間にか読みふけってました。福澤さんのスタンス、超自然的な現象とは一定の距離を置いている、というところに共感を覚える。怪談や幽霊が嘘であろうとなかろうと、経験した人間にとっては“本当”以外の何者でもないわけで自分にも、何かのきっかけでそんな体験が訪れてしまうかもしれない。だから福澤さんの怪異譚は、そこに深入りせず中立をもって事実のみを記録するルポライター的な趣がある。 …続きを読む
    J7(読メ低浮上中)
    2016年08月11日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品