試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041046371

怖の日常

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041046371

怪談実話の名手が端正な筆で炙り出す、日常に潜む怪異。

飛び降り自殺があったマンションで、女子高生が異様なものにつきまとわれる(「腐臭」)。寝ている間に体にできた引っかき傷が、徐々に深くなり増えていく(「傷」)他、じわじわと怖さがしみこんでくる60話を厳選

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怖の日常」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安定の語り口で本書もゾクゾクしなごら楽しめました。個人的には通常の幽霊よりも、今回は「応接室」や「天狗」のような異形のものが興味深かったです。「悪い店」や著者もあとがきで述べているように、土地に憑いた 安定の語り口で本書もゾクゾクしなごら楽しめました。個人的には通常の幽霊よりも、今回は「応接室」や「天狗」のような異形のものが興味深かったです。「悪い店」や著者もあとがきで述べているように、土地に憑いたモノの仕業なのか、立地が良いのに毎回ここに入る店は潰れるよね…というのがあり、うちの近所にもあるそんな土地に、いつも満員御礼な人気ラーメン店が先週から移転してきたので、どうなるやら、ちょっとこの辺で土地の運気変えるかな?と期待して見てます(笑)。 …続きを読む
    nuit
    2017年09月18日
    111人がナイス!しています
  • この前の夜、不意に2階のクローゼットの上の方から、ガタガタッ!という音が聞こえたので、行ってみた。と、再びガッターン!!と大きな音が間近でして流石にビクっとしたが、勇気を振り絞って、近くにあった棒で天 この前の夜、不意に2階のクローゼットの上の方から、ガタガタッ!という音が聞こえたので、行ってみた。と、再びガッターン!!と大きな音が間近でして流石にビクっとしたが、勇気を振り絞って、近くにあった棒で天井をガンガン叩いてみたがそれ以後何も聞こえない。実はそういう音が聞こえたことが前にも2、3回あった。ちょうど天井裏への点検口がクローゼットの天井にあるんだけど、音は続かないのでそのままにしていた。音がするのはいつも深夜だし、もし誰かがいたら怖いし・・・そんな実話系の怖い話がわんさか。「残穢」に繋がる話もある。 …続きを読む
    スカラベ
    2017年10月22日
    61人がナイス!しています
  • 実話系の短編集。「古本」105円で買った本。女性の50cm以上の髪の毛や名前が書いてある薬袋がでてきた。気持ち悪い。「混線」ノイズが途切れて男の声で『だから○んでるんですよ』そんなの耳元で聞きたくない 実話系の短編集。「古本」105円で買った本。女性の50cm以上の髪の毛や名前が書いてある薬袋がでてきた。気持ち悪い。「混線」ノイズが途切れて男の声で『だから○んでるんですよ』そんなの耳元で聞きたくないな。「フリマで買った絵」まさか絵のモデルになった人と出会うとは思わなかった。「地下倉庫」あるビルの地下には何かいる。絶対に人間じゃない。東京やその近郊には戦時中に掘られた地下壕があるらしい。今だに未発見の壕も存在する。探検しに行きたい。「赤い紙」...貴方が池に居るのなら会ってもらえませんか...イヤです。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2020年08月16日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品