2008年 第10回 大藪春彦賞

角川文庫

すじぼり

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043834044
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

2008年 第10回 大藪春彦賞

角川文庫

すじぼり

  • 著者 福澤 徹三
  • イラスト 岸和田 ロビン
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784043834044

大切な人のために、ぼくは背中に龍を彫る――。

ひょんなことからやくざ事務所に出入りすることになった亮。時代に取り残され、生きる道を失っていく昔ながらの組の運命を、人生からドロップアウトしかけた青年の目を通して描く、瑞々しい青春極道小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「すじぼり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この本の前に「真夜中の金魚」を読了したが、皆さんはこの「すじぼり」から読み初めてた方が良いでしょう。大学には行ったが、何を学びたいとか夢とか未来が視えない現在の社会も悪いのだろうが・・親の老後の資金を この本の前に「真夜中の金魚」を読了したが、皆さんはこの「すじぼり」から読み初めてた方が良いでしょう。大学には行ったが、何を学びたいとか夢とか未来が視えない現在の社会も悪いのだろうが・・親の老後の資金を削ってまで大学に行かせる価値が無い息子達。それでもこれが今の青春なんだと思う。この本に登場のヤクザはヤクザなりの仁義も持ち合わせている。刺青を入れるにはお金も痛みも時間もかかる。ほんの下絵のようなすじぼりを入れた亮の今後の人生はどうなるのだろう。子育てとは難解也・・・ …続きを読む
    はつばあば
    2019年01月22日
    60人がナイス!しています
  • 浅慮な大学生が、もはや古臭いと揶揄される義侠心ヤクザ達の抗争に巻き込まれていくエンタメ。読みたいとは思いつつ、若造甘酸っぱい系の匂いがしてなかなか手が伸びなかった。読んだらやっぱり若造にスーパーイライ 浅慮な大学生が、もはや古臭いと揶揄される義侠心ヤクザ達の抗争に巻き込まれていくエンタメ。読みたいとは思いつつ、若造甘酸っぱい系の匂いがしてなかなか手が伸びなかった。読んだらやっぱり若造にスーパーイライラしたけれど(笑)、周囲のキャラと、ちょこちょこと挿すエピソードに勢いがあって一気読みでした。青春の終わりってラストがよかったです。ピシっと締まりましたね。 …続きを読む
    ずきん
    2018年08月03日
    50人がナイス!しています
  • 就職先も決まらず悶々とすごす大学四年生の亮くん。ある日ひょんなことからヤクザの事務所に出入りするようになり、そっちの世界に入り込んでしまい、、、的なお話。いやー、これマジでめっちゃ面白かった!福澤さん 就職先も決まらず悶々とすごす大学四年生の亮くん。ある日ひょんなことからヤクザの事務所に出入りするようになり、そっちの世界に入り込んでしまい、、、的なお話。いやー、これマジでめっちゃ面白かった!福澤さん、こういうのもいけるのね。途中の拷問のくだりとかは平山夢さんの東京伝説に出てきそうな話でした。亮くん下顎取られなくて良かったねw107 …続きを読む
    H!deking
    2017年08月14日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品