殺人の門

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784043718047

殺人の門

  • 著者 東野 圭吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784043718047

東野圭吾が紡ぐ、衝撃の問題作!

あいつを殺したい。奴のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、私には一体何が欠けているのだろうか。心の闇に潜む殺人願望を描く、衝撃の問題作!


メディアミックス情報

NEWS

「殺人の門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公田島和幸のまるで絵に描いたような転落人生の顛末の読み心地は島田荘司の作品に見られる濃さを感じさせる。とにかく庶民が中流階級だと勘違いして陥る人生の陥穽の数々が描かれる。本書での最大のミステリは折 主人公田島和幸のまるで絵に描いたような転落人生の顛末の読み心地は島田荘司の作品に見られる濃さを感じさせる。とにかく庶民が中流階級だと勘違いして陥る人生の陥穽の数々が描かれる。本書での最大のミステリは折に触れ田島の人生に関わる倉持修という男だろう。彼は人生のババ抜き相手として田島を選んだのだ。しかしこれほど倉持に手玉に取られる田島の人生も珍しい。最終章の紳士の話に至って本書は『悪意』の変奏曲なのだと気づかされる。またもや救われない物語を東野圭吾は生み出した。読後の今は何とも言えない荒廃感だけが残っている。 …続きを読む
    Tetchy
    2013年08月13日
    262人がナイス!しています
  • 2018年247冊め。決して馬鹿ではない主人公だと思うのに、どうしてこうも何度も彼に出し抜かれてしまうのだろうか。子どもの頃からの妬みや悪意をここまで持続させる倉持も大概であるが。物語の設定としては面 2018年247冊め。決して馬鹿ではない主人公だと思うのに、どうしてこうも何度も彼に出し抜かれてしまうのだろうか。子どもの頃からの妬みや悪意をここまで持続させる倉持も大概であるが。物語の設定としては面白いので、この半分の分量でまとまっていればよかったと思う。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2018年07月01日
    215人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ うーん…東野圭吾氏の長編作品の中では一番合わなかったかも。 主人公がものすごいダメ人間だった。独善的で、流されやすく、しかも意志が弱い(^_^;) 自分の信念を貫き、常に上を目指す倉持 ★★☆☆☆ うーん…東野圭吾氏の長編作品の中では一番合わなかったかも。 主人公がものすごいダメ人間だった。独善的で、流されやすく、しかも意志が弱い(^_^;) 自分の信念を貫き、常に上を目指す倉持修の方がよっぽど魅力的ではないか? 読者をイライラさせるのを意図して書かかれている感じもあるので、もしそうなら大成功です(>人<;) …続きを読む
    Kircheis
    2019年03月23日
    181人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

東野 圭吾(ひがしの・けいご)

1958年、大阪府生まれ。85年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に『殺人の門』『探偵倶楽部』『さまよう刃』『夜明けの街で』『虚ろな十字架』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』など多数。海外においても『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が中国国内でベストセラー50万部を突破するなど、アジア圏を中心に支持を受け、韓国では国内作家を抑えて<2014ゴールデンブックアワード>に選出された。

最近チェックした商品