酒の日本文化 知っておきたいお酒の話

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044064013

酒の日本文化 知っておきたいお酒の話

  • 著者 神崎 宣武
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044064013

お酒が飲まれ続けてきたのにはわけがある。日本酒にまつわる文化を知る本。

日本酒の原点は、神と「まつり」と酒宴にある。酒と肴の関係や酒宴のあり方の移り変わり、飲酒習慣の変化、醸造技術と食文化とのかかわりなど、お酒とその周辺の文化を豊富な民俗例とともにやさしく説く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「酒の日本文化 知っておきたいお酒の話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本酒と日本人の関係性や、日本酒文化の変遷についてまとめた一冊です。日本の宴会の二重構造(礼講と無礼講)の話がおもしろかったです。本来はハレの日にカミと相伴するものであったお酒。その歴史に思いを馳せな 日本酒と日本人の関係性や、日本酒文化の変遷についてまとめた一冊です。日本の宴会の二重構造(礼講と無礼講)の話がおもしろかったです。本来はハレの日にカミと相伴するものであったお酒。その歴史に思いを馳せながら日本酒をちびちび飲みたい気分です。 …続きを読む
    ゆきこ
    2016年05月24日
    8人がナイス!しています
  • 酒作りという視点を通して見る日本の食文化と習慣、そして信仰行事。礼講あっての無礼講とか、本来の意味から離れてしまったものの意義を考え直すのは面白い。 酒作りという視点を通して見る日本の食文化と習慣、そして信仰行事。礼講あっての無礼講とか、本来の意味から離れてしまったものの意義を考え直すのは面白い。
    さんとのれ
    2019年12月16日
    1人がナイス!しています
  • お酒にまつわる。文化や知識の一冊。 お酒にまつわる。文化や知識の一冊。
    けっち
    2011年01月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品