Sweet Blue Age

まだもどれる、あのころへ――

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784048736749

Sweet Blue Age

まだもどれる、あのころへ――

  • 著者 角田 光代
  • 著者 有川 浩
  • 著者 坂木 司
  • 著者 桜庭 一樹
  • 著者 日向 蓬
  • 著者 三羽 省吾
  • 著者 森見 登美彦
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784048736749

まだもどれる、あのころへ――

いま、最も鮮烈な書き手たちからあなたへ。あわいあわい初恋から、あてのない夜の彷徨、ここではないどこかへの逃亡、性のかなしみまで、甘く憂鬱な「あのころ」を閉じこめた、7つのものがたり。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Sweet Blue Age」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館でこの豪華な作家たちの「青春文学ベスト・トラック集」を発見。『夜は短し』を再読したくなって借りることにした。『夜は短し』:読みにくいという意見も多いが、再読してやはり最も森見さんらしい作品だとい 図書館でこの豪華な作家たちの「青春文学ベスト・トラック集」を発見。『夜は短し』を再読したくなって借りることにした。『夜は短し』:読みにくいという意見も多いが、再読してやはり最も森見さんらしい作品だという思いをより強くした。『くじらの彼』:有川ファンには応えられないいつもの有川節全開の作品。『ホテルジューシー』:同じ坂木作品の『和菓子のアン』と同じ日常ミステリと仕事を通じて主人公が成長していく話。『辻斬り』:既読、これには七竈の話が必要。『ニート』:残念ながらこれ以上読みたいという気にはならなかった。 …続きを読む
    hiro
    2012年05月29日
    142人がナイス!しています
  • 名の通った作家さんが名を連ねているので、様々な心模様を見ることができるのだろうと楽しみにしていた。期待を覆すことなく淡々と進む。いささか、その安定感というものはどうなのだろう…と思うこともあるが、まぁ 名の通った作家さんが名を連ねているので、様々な心模様を見ることができるのだろうと楽しみにしていた。期待を覆すことなく淡々と進む。いささか、その安定感というものはどうなのだろう…と思うこともあるが、まぁ、楽しければいいかぁ。クジラの彼、涙の匂い…他の方も印象的というだけあって私もその女心の切なさとか、淡い恋心に心を掴まれてしまいました。私がもう戻ることが無い時間を過ごす主人公たち。自分の昔を振り返りながら、胸がキュン。カバー写真のブルーが気に入りました。 …続きを読む
    あつひめ
    2014年01月30日
    112人がナイス!しています
  • 【図書館】青春文学の短編集…というと、ちょっと照れくさいですが…7人の作家が描いた「あのころ」の物語です。有川さんと森見さんお目当てで借りてみたのですが、両方とも既読でちょっと残念。ほかもそれぞれ独特 【図書館】青春文学の短編集…というと、ちょっと照れくさいですが…7人の作家が描いた「あのころ」の物語です。有川さんと森見さんお目当てで借りてみたのですが、両方とも既読でちょっと残念。ほかもそれぞれ独特の雰囲気をもっている作品が多く、合う 合わないもあるとは思いますが、楽しめました。普段、どうしても読書傾向が偏っている時は、こういうアンソロジー的なものは刺激になって良いですね。 …続きを読む
    しゅわ
    2013年07月26日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品