シャングリ・ラ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年09月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
600
ISBN:
9784048736404
ニコカド祭り2020

シャングリ・ラ

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年09月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
600
ISBN:
9784048736404

東京に聳え立つ巨大な塔をめぐり、未来への戦いが始まる!

温暖化と炭素経済に支配された世界で、生き残るために日本政府が選んだのは巨大建築「アトラス」の建造だった。富める者は空中都市で、貧しい者は地上のジャングルで、生き残るための戦いに挑む!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シャングリ・ラ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私が東京のシンボルを探していたのには理由がある。もしいつか東京を舞台に物語を書くことがあるとすれば、東京のシンボルから始めてみたかったからだ。ヘリコプターで東京を遊覧飛行する機会に恵まれた。もし東京の 私が東京のシンボルを探していたのには理由がある。もしいつか東京を舞台に物語を書くことがあるとすれば、東京のシンボルから始めてみたかったからだ。ヘリコプターで東京を遊覧飛行する機会に恵まれた。もし東京のシンボルを見つけられなければ『シャングリ・ラ』は新宿や池袋などエリアの物語として書く覚悟で搭乗した。予想に反して上空から東京を見た瞬間、私はすぐに東京のシンボルを発見してしまった。眼下に圧倒的な存在を示していたのは皇居の森である。東京のシンボルは森である。それは『シャングリ・ラ』の舞台が決まった瞬間であった。 …続きを読む
    naoudo
    2019年09月01日
    32人がナイス!しています
  • ついに読んでしまった〜( ̄▽ ̄)まだシャングリ・ラの世界の中で生きていたかったなあ〜でも続きが気になってしかたない(笑)恩田陸さんの『ロミオとロミオは永遠に』の世界を感じるような…あぁ〜誰か映画化して ついに読んでしまった〜( ̄▽ ̄)まだシャングリ・ラの世界の中で生きていたかったなあ〜でも続きが気になってしかたない(笑)恩田陸さんの『ロミオとロミオは永遠に』の世界を感じるような…あぁ〜誰か映画化してくれないかなあ〜なんて思ったら、アニメ化されていたんですね!観てみたい。人間と自然の握手☆★!!シャングリ・ラ♫最高でした。表紙の絵も素敵!池上永一さん、素晴らしい作品をありがとうございます!これからも池上永一さんの世界を堪能してパワーをもらって生きていこう! …続きを読む
    嘉江☆海★山♫
    2015年10月05日
    25人がナイス!しています
  • 図書館本 筒井さんの「偽文士日碌」に出てたので読むことに。分厚くて手が疲れた。多くの珍しい食材で作った料理だが、どこか調和に欠けるという感じ。斜め読みはしたけど飛ばさず最後までいけたから面白いのは確か 図書館本 筒井さんの「偽文士日碌」に出てたので読むことに。分厚くて手が疲れた。多くの珍しい食材で作った料理だが、どこか調和に欠けるという感じ。斜め読みはしたけど飛ばさず最後までいけたから面白いのは確か。戦闘シーンの描写をもう少し減らしたら厚さが3割減るかな。毎回「ぎゃああああ」は要らないんじゃないかなぁ。この次は『風車祭』(カジマヤー)を読んでみようと思う。 …続きを読む
    tama
    2014年03月05日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品