試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041227572

聞かなかった場所

  • 著者 松本 清張
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041227572

妻の死の真相を追って運命に翻弄される一人の男。力作長編。

農林省の係長・浅井が妻の死を知らされたのは、出張先の神戸であった。外出先での心臓麻痺による急死とのことだったが、その場所は、妻から一度も聞いたことのない町だった。一官吏の悲劇を描くサスペンス長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「聞かなかった場所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あーあほやなあ…農水省でノンキャリアでがんばって課長補佐なった浅井。いろいろ気きく小まめな性格が裏目にでて最後はおもきし墓穴…にしてもやっぱ清張さん、話の展開のドキドキ感がすごいわあ!出だしは出張中に あーあほやなあ…農水省でノンキャリアでがんばって課長補佐なった浅井。いろいろ気きく小まめな性格が裏目にでて最後はおもきし墓穴…にしてもやっぱ清張さん、話の展開のドキドキ感がすごいわあ!出だしは出張中にぜんぜん縁のない町で死亡した妻の死の謎を浅井がおっかけるとこから。ちょっとした伏線から見事真相を見抜いたのはええねんけど…途中からいきなり攻守交替、今度はこそこそ逃げ回る立場に…浅井もこまめに手うってがんばったんやけどなあ…清張さんの犯人はついつい応援したなるけど最後は…(泣)このドキドキ感やみつきかも… …続きを読む
    大阪魂
    2020年05月04日
    36人がナイス!しています
  • ノンキャリアで農林省食糧課係長浅井。出張中に妻が心臓麻痺で死亡。義妹に聞かされた発作場所。妻が飛びこんで来た代々木の化粧品店。店主千代子。興信所の調査。彼女が隣の家の久保の土地も取り組んでホテルを建設 ノンキャリアで農林省食糧課係長浅井。出張中に妻が心臓麻痺で死亡。義妹に聞かされた発作場所。妻が飛びこんで来た代々木の化粧品店。店主千代子。興信所の調査。彼女が隣の家の久保の土地も取り組んでホテルを建設。久保と妻との関係。長野県に療養中の妻がいる久保。久保の尾行。殺害。帰りに農協役員2名の車に乗せられる。長野での講習依頼を断り続ける浅井。2人を避けてアジア旅行に招待。浅井に義理固く御礼を伝えに来る。前半の謎を紐解く展開から後半に行き詰る逃亡ドラマに交代する。ほのぼのした残酷さを描ける松本清張は流石と思った。 …続きを読む
    テディ
    2016年02月24日
    36人がナイス!しています
  • 主人公・浅井の妻は外出先で突然亡くなった。心臓発作だったが何故妻はそんな場所に行ったのか。浅井はその疑問が頭から離れなくなり妻の行動をしつこく調べ出す。農林省食糧課の係長で小心者で真面目な仕事人間。そ 主人公・浅井の妻は外出先で突然亡くなった。心臓発作だったが何故妻はそんな場所に行ったのか。浅井はその疑問が頭から離れなくなり妻の行動をしつこく調べ出す。農林省食糧課の係長で小心者で真面目な仕事人間。その小心さが自分を追い詰めてどんどん深みにハマって行く。人間には知らないほうが幸せなことがあるのだと溜息が出るような展開である。この小説に刑事は出てこない。新聞記事と興信所の報告書、浅井の隠密行動と妄想が話を導いている。もちろん派手な立ち回りもない。かなり地味な小説なのだがどうしてなのか一気読みしてしまった。 …続きを読む
    shohji
    2017年05月17日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品