試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047033825

「まつり」の食文化

  • 著者 神崎 宣武
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047033825

端午のちまき、節分の豆。年中行事と食の視点から、日本の文化を読み直す。

盆・正月、節供と節分、春祝いと秋祭りなど、かつては四季折々に多彩な行事が行われ、それにはハレの食事が伴っていた。祝い・祭りと食との結びつきの本来の意味を問い直し、失われた文化の原像を描く。

〈目次〉
はじめに

序章 まつりと飲食
   一 行事も「まつり」
   二 民俗学と食文化

第一章 正月と盆
   一 正月さまござった
   二 鏡餅と雑煮
   三 さまざまな正月習俗
   四 ご先祖さまとイケミタマ
   五 盆踊りはさまよえる霊の慰撫
   〈コラム〉 カミとホトケの習合

第二章 節供と節分
   一 豆撒きだけが節分ではなし
   二 屠蘇酒と七草
   三 桃の酒と草の餅
   四 菖蒲酒とちまき
   五 七夕になぜ酒がないのか
   六 菊酒と団子
   〈コラム〉中国伝来の五行思想

第三章 春祝いと秋まつり
   一 神輿と神楽がまつりの華ではあるが
   二 田遊び・田楽・田植踊り
   三 花見も予祝ゆえの祝宴
   四 八朔の祝い
   〈コラム〉都市で発達の夏まつり
主要参考文献

あとがき


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「まつり」の食文化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 形骸化している日本の行事を見直すためにも必要な本。正月の行事にしても、地方によって、家によって作法があるのは当たり前だけれど、その由来をきちんと知ることが大事なんだと思う。若水汲みというものを知っては 形骸化している日本の行事を見直すためにも必要な本。正月の行事にしても、地方によって、家によって作法があるのは当たり前だけれど、その由来をきちんと知ることが大事なんだと思う。若水汲みというものを知ってはいたけど、実生活に消えてしまった行事ではあるけれど、再現したいなと思わせるもの。季節の変わり目を大切にしていた私たちの先祖に思い馳せる本だと思う。 …続きを読む
    高橋直也
    2019年08月22日
    1人がナイス!しています
  • 日本の年中行事を食の視点から論じた本。日本の行事の多くは稲作と深い関わりを持っている。米は大変貴ばれたものだったので、餅や団子、酒、時には握り飯になって神に饗され、人も共に頂く。古来より民間で行われた 日本の年中行事を食の視点から論じた本。日本の行事の多くは稲作と深い関わりを持っている。米は大変貴ばれたものだったので、餅や団子、酒、時には握り飯になって神に饗され、人も共に頂く。古来より民間で行われた稲作に関わる祭りや、信仰された神々は、やがて大陸より伝来した仏教や陰陽道とまじりあいながら、今日まで受け継がれてきた。こう考えると、農業を中心に据えた共同体が崩壊するにつれて様々な行事が廃れたり、形骸化するのは当たり前のことである。こういう本って大体こんなことが書かれてますねー。お米は大事。コラムが面白い …続きを読む
    はじめ
    2013年06月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品