試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043726028

ピンク・バス

  • 著者 角田 光代
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043726028

今最も注目される作家、初期中編集!

夫・タクジとの間に子を授かり浮かれるサエコの家に、タクジの姉・実夏子が突然訪れてくる。不審な行動を繰り返す実夏子。その言動に対して何も言わない夫に苛つき、サエコの心はかき乱されていく。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ピンク・バス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初めての妊娠が判明したタイミングで、何年も行方不明で音信不通だった夫の姉が転がり込んできた。以前読んだ、近藤史恵「はぶらし」を思い出したが、その変わり者っぷりは少々違っていて、こちらは「イラっとくる」 初めての妊娠が判明したタイミングで、何年も行方不明で音信不通だった夫の姉が転がり込んできた。以前読んだ、近藤史恵「はぶらし」を思い出したが、その変わり者っぷりは少々違っていて、こちらは「イラっとくる」ではなく「不安になる」方向。結局彼女は何者だったんだ!?と思ったが、ヒロインのサエコもいろんな人格を演じながら生きてきたという不気味な人物。特に大学生の時にホームレスを彼氏とし、一年くらい一緒にホームレス生活をして、ある日違和感を感じて元の生活に戻るという離れ業をやってのけたエピソードは強烈だった。 …続きを読む
    NADIA
    2018年12月05日
    49人がナイス!しています
  • 妊娠による不安定さなのか、それとも彼女が元々持っている性格なのか、共感出来る部分と理解出来ない部分が共存する不思議な世界でした。日常なのだけれど非日常でもあり、そのハラハラするような不安定さがクセにな 妊娠による不安定さなのか、それとも彼女が元々持っている性格なのか、共感出来る部分と理解出来ない部分が共存する不思議な世界でした。日常なのだけれど非日常でもあり、そのハラハラするような不安定さがクセになるというか、ねっとりとした湿った空気を感じさせる本でした。 …続きを読む
    さら
    2017年03月26日
    41人がナイス!しています
  • 可愛らしいタイトルだけどブラックなファンタジーといった話。サエコの妊娠がわかるのと同時に義姉がやって来る。帰る気配のない義姉の不気味な行動。いつまで居るのか。そしてピンクのバスが迎えに来て・・・。奥が 可愛らしいタイトルだけどブラックなファンタジーといった話。サエコの妊娠がわかるのと同時に義姉がやって来る。帰る気配のない義姉の不気味な行動。いつまで居るのか。そしてピンクのバスが迎えに来て・・・。奥が深そうだか私には理解が難しい作品でした。 …続きを読む
    へいっち(ت)♪
    2015年03月20日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品