試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041713266

龍馬(三)海軍篇

  • 著者 津本 陽
  • デザイン 角川書店装丁室
  • イラスト 村上 豊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041713266

攘夷か開国か。国論を二分する幕末、龍馬は独自の視点で時代を捉えていた!

勝麟太郎に共鳴し世界との貿易の夢に燃える龍馬は、海軍操練所の塾生募集に奔走する。しかし、尊王攘夷派と公武合体派の対立は激しさを増し、容赦なく龍馬の仲間たちを奪っていく。おりょうとの出逢いが救いだった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「龍馬(三)海軍篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 坂本龍馬を題材にすれば、誰が書いてもそこそこ面白い小説が出来上がる。そんな感じ。 坂本龍馬を題材にすれば、誰が書いてもそこそこ面白い小説が出来上がる。そんな感じ。
    Row_the_Punks
    2010年03月07日
    1人がナイス!しています
  • 勝海舟の海軍操練所に入るところから、長州藩の京都での暴発まで。いよいよクライマックスに向けて龍馬が表舞台に出てこようというところだ。 勝海舟の海軍操練所に入るところから、長州藩の京都での暴発まで。いよいよクライマックスに向けて龍馬が表舞台に出てこようというところだ。
    ヨッシー
    2013年07月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品