「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041088982

「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実

  • 著者 津本 陽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041088982

これ一冊で「本能寺の変」が丸わかり。

天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。豊臣秀吉、徳川家康、朝廷……、光秀の背後に黒幕は存在したのか。『下天は夢か』で信長旋風を巻き起こした著者が、豊富な史料をもとに「本能寺の変」の謎に肉迫。日本史上最大の難事件が、ついに決着の時をむかえる!? 解説・安部龍太郎

もくじ

序  章  いまなぜ「本能寺の変」なのか
第一章 信長を囲む軍事・政治情勢
第二章 織田信長という個性
第三章 秀吉の勃興と光秀
第四章 敵は本能寺にあり
第五章 黒幕は果たしていたか
第六章 本能寺の変の真実
あとがき
主な参考文献
解説 安部龍太郎


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 落ち着いて。じっくり読めば読むほど。味が出そうな本だが、サラッと読んだ感じでは、(幻聴☞)タリキホウガンホウガンユライな気持ち:意味不明だが:になるみたいだが。個人的にその様な幻聴はどうでも良く。様々 落ち着いて。じっくり読めば読むほど。味が出そうな本だが、サラッと読んだ感じでは、(幻聴☞)タリキホウガンホウガンユライな気持ち:意味不明だが:になるみたいだが。個人的にその様な幻聴はどうでも良く。様々な歴史上の人物の思惑が絡んでおり、本当にそうなのかと思った。闇は闇の儘でよいと思う。その方が歴史ロマンに浸れるからね。 …続きを読む
    garakuta
    2019年11月21日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品