試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041713259

龍馬(二)脱藩篇

  • 著者 津本 陽
  • デザイン 角川書店装丁室
  • イラスト 村上 豊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041713259

史実を踏まえ、限りなく龍馬の実像に迫った渾身の大作、待望の文庫化!

桜田門外で井伊大老が暗殺された。龍馬は武市半平太の土佐勤王党に参加するが、藩執政の暗殺計画を知り煩悶する。捨て石になることにも人を殺めることにも同調できない龍馬は、脱藩して我が道をゆくことを決意する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「龍馬(二)脱藩篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 坂本龍馬は、好奇心が強い人だったのだとつくづく感じる巻でであった。 坂本龍馬は、好奇心が強い人だったのだとつくづく感じる巻でであった。
    Row_the_Punks
    2010年03月01日
    1人がナイス!しています
  • 脱藩篇は文字どおり、土佐を脱藩して勝海舟の弟子になり、これからいよいよ幕末の世界に躍り出ようというところまで。 脱藩篇は文字どおり、土佐を脱藩して勝海舟の弟子になり、これからいよいよ幕末の世界に躍り出ようというところまで。
    ヨッシー
    2013年06月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品