第130回直木賞

後巷説百物語

妖怪誑かしの小悪党、又市とその一味が活躍するシリーズ第3弾。

  • 著者 京極 夏彦
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
784
ISBN:
9784048735018

第130回直木賞

後巷説百物語

妖怪誑かしの小悪党、又市とその一味が活躍するシリーズ第3弾。

  • 著者 京極 夏彦
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
784
ISBN:
9784048735018

妖怪誑かしの小悪党、又市とその一味が活躍するシリーズ第3弾。

明治10年。巡査の矢作剣之進はある酒の席で珍奇な伝説を巡り、友人らと言い争いになる。収拾が着かなくなった剣之進らは、奇妙な隠居老人山岡百介の元を訪れた。百介は昔体験したという不思議な話を語り始めるーー

トピックス

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品