幸福な遊戯

1990年 第9回 海燕新人文学賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043726011

1990年 第9回 海燕新人文学賞

幸福な遊戯

  • 著者 角田 光代
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043726011

今最も注目される女性作家、幻のデビュー作!

ハルオと立人とわたし。恋人でもなく家族でもない者同士の共同生活は、奇妙に温かく幸せだった。しかし、やがてわたしたちはバラバラになってしまい――。瑞々しさ溢れる短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幸福な遊戯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表題作を含む3つの中篇小説からなる。「幸福な遊戯」は、角田光代氏のデビュー作。文体は生硬さが残るが、作品の文学としての\純\度はむしろ高い。「海燕」新人文学賞も当然か。語り手のサトコには、疑似家族以外 表題作を含む3つの中篇小説からなる。「幸福な遊戯」は、角田光代氏のデビュー作。文体は生硬さが残るが、作品の文学としての\純\度はむしろ高い。「海燕」新人文学賞も当然か。語り手のサトコには、疑似家族以外に何もない。したがってそれが崩壊した時、彼女は自身のアイデンティティを喪失する。しかもそれは築かれた当初からきわめて脆弱であったのだ。自分自身が何者であるかもわからず、当然ながら先行きに方向性もない。それは、この時期の角田氏そのものの姿であったのかも知れない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年11月09日
    399人がナイス!しています
  • 角田光代デビュー作を含む3編。どれも他作にも出てくる「がらんどう」な心、存在がテーマ。デビューからぶれない軸を持っていること、そして何より文章力の高さに改めて感服。それにしても特に「無愁天使」などは、 角田光代デビュー作を含む3編。どれも他作にも出てくる「がらんどう」な心、存在がテーマ。デビューからぶれない軸を持っていること、そして何より文章力の高さに改めて感服。それにしても特に「無愁天使」などは、芥川賞を狙ったのでは?と思うような、狂気も含む不思議な世界観。 …続きを読む
    おいしゃん
    2015年02月10日
    86人がナイス!しています
  • 初期の作品らしい、とは思いましたが、まさかこれがデビュー作とは。なるほどそれで、文章が少し硬い感じだったのね。そして主人公の女性たちも、あまりに不思議キャラ。読んでる最中で何度もこれは「ばななさん」作 初期の作品らしい、とは思いましたが、まさかこれがデビュー作とは。なるほどそれで、文章が少し硬い感じだったのね。そして主人公の女性たちも、あまりに不思議キャラ。読んでる最中で何度もこれは「ばななさん」作品かと。(笑) 大好きな角田さん作品、これからも読み続けていきます。 …続きを読む
    ミカママ
    2014年11月29日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品