白鳥の王子 ヤマトタケル-東征の巻-(下)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041268612

白鳥の王子 ヤマトタケル-東征の巻-(下)

  • 著者 黒岩 重吾
  • イラスト 毛利 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041268612

若き英雄、ヤマトタケルの苦悩はどこにあったか?

波乱と激動に揺れる古代大和国。東国平定のため出征する若き王子。父帝との確執、魔性の女人との出逢い、そして・・・。数奇な運命を辿る日本最古の英雄、ヤマトタケルを雄輝な筆致で活写する古代歴史ロマン!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白鳥の王子 ヤマトタケル-東征の巻-(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻ラストにラブストーリー的物語で終わった「宮簀媛」との官能小説を思わせる出だし、そして鬼神に取りつかれたとはいえ、倭建を挟んだ妃との戦いから始まる展開に物語の方向性を見失っているのでは?と心配しなが 前巻ラストにラブストーリー的物語で終わった「宮簀媛」との官能小説を思わせる出だし、そして鬼神に取りつかれたとはいえ、倭建を挟んだ妃との戦いから始まる展開に物語の方向性を見失っているのでは?と心配しながら読んだが、基軸修正ならぬ意外とあっさりと決着がつき、引き続き東征へと向かった。この巻では焼津の勝利まで。しかも征服させる為に行ったわけもなくヤマトの力を見せつける為の遠征。倭建も強いが妃である弟橘姫も凛とした強さを持っている。そしてとうとう次巻でラスト。結末は同じでもどのような展開が待ち受けているのか。 …続きを読む
    レアル
    2019年06月19日
    54人がナイス!しています
  • 弟橘媛が東国へ追って行く事で、宮簀媛の魔性をようやく退けた倭建はやっと東へ足を向ける。東征の巻なのに、女の情念や独占欲との戦いで終わってしまうのか⁈とやきもきしました(^^;)wikiってみた宮簀媛と 弟橘媛が東国へ追って行く事で、宮簀媛の魔性をようやく退けた倭建はやっと東へ足を向ける。東征の巻なのに、女の情念や独占欲との戦いで終わってしまうのか⁈とやきもきしました(^^;)wikiってみた宮簀媛とは随分違うのが気になりますが…面白かったですけどね。武勇の王子から戦わずして勝つ事へと意識が変わってきて人間の器が更に大きくなり、父王から大伴武日とその軍を引き上げられたにも拘らず東の国々の首長からの信頼を得、これじゃ益々父王には怖れられるよな〜とこの先が案じられます。いっそ反旗を翻したら良かったんじゃない⁈ …続きを読む
    hrmt
    2019年04月01日
    27人がナイス!しています
  • 尾張から静岡へ向かう倭建一行。尾張の宮簀媛は自分にはなじみのある神様。なのに恐ろしい力を使う魔性の女性に描かれていて悲しかった。神話をモチーフにした物語なので、ほかの地方にも同様のことはあっただろうが 尾張から静岡へ向かう倭建一行。尾張の宮簀媛は自分にはなじみのある神様。なのに恐ろしい力を使う魔性の女性に描かれていて悲しかった。神話をモチーフにした物語なので、ほかの地方にも同様のことはあっただろうが、残念な思いがした。今作の作者の筆力はとくにすばらしく一巻と比べると、倭建の武術・人格の成長がはっきりとわかる。静岡で大勝し、明るく終わったが、次は結末を知っている。終焉にも宮簀媛が深く関わるはずだが、どんな描かれ方をしているのだろう。それでも読まなければいけない。 …続きを読む
    2017年10月30日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品