白鳥の王子  ヤマトタケル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1990年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048726061

白鳥の王子  ヤマトタケル

  • 著者 黒岩 重吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1990年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048726061

メディアミックス情報

NEWS

「白鳥の王子  ヤマトタケル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小碓は大碓を斬らずに逃がす。色々な物語が紡げるものだなぁ。でもこれはこれで兄弟愛が胸に迫る。馬で駆け舟を漕ぎ足で山路を登り雪を踏みしめる。小高い丘から遥か遠くまでを見晴るかしたろう。普段見慣れた生駒の 小碓は大碓を斬らずに逃がす。色々な物語が紡げるものだなぁ。でもこれはこれで兄弟愛が胸に迫る。馬で駆け舟を漕ぎ足で山路を登り雪を踏みしめる。小高い丘から遥か遠くまでを見晴るかしたろう。普段見慣れた生駒の山を徒歩で登って行く。古代の風物に浸るのがまた楽しかった。ただ。時々、いやに現代風な単語が混じる。「おかず」とか、「犯人」とか。千何百年も前の世界に浸っていたところにぐいっと現代に連れ戻された気分になってしまう。 …続きを読む
    Ayumi Katayama
    2021年06月26日
    20人がナイス!しています
  • 非常に面白くワクワクしっぱなし。古代の英雄、日本武尊の物語。男具那(後のヤマトタケル)は父の景行帝は自分の兄を退けて帝位についたことを知る。多くの異母同母兄弟の中で尤も勇敢で才知に長けた男具那だが、何 非常に面白くワクワクしっぱなし。古代の英雄、日本武尊の物語。男具那(後のヤマトタケル)は父の景行帝は自分の兄を退けて帝位についたことを知る。多くの異母同母兄弟の中で尤も勇敢で才知に長けた男具那だが、何故か父や兄弟からは嫌われ敵視されていた。兄らは次の王位を狙うが、王位に興味がない男具那は武人としての生き方を選ぶ。兄夫婦が殺されたことで命を狙われる事が多くなった男具那。父か?兄らなのか?または謎の刺客か?それは男具那の生まれに秘密があるのだろうか、従者と共に不穏な動きに挑む。大和の巻 …続きを読む
    旗本多忙
    2021年08月28日
    18人がナイス!しています
  • まず思ったのは、登場人物の名前が読めないキャラが多すぎるwまあこまめにルビをふってあるのでそこまで苦労はしなかったが。男具那の圧倒的な能力。それに神通力や死してなお呪いつづける人がいたり…。今の日本人 まず思ったのは、登場人物の名前が読めないキャラが多すぎるwまあこまめにルビをふってあるのでそこまで苦労はしなかったが。男具那の圧倒的な能力。それに神通力や死してなお呪いつづける人がいたり…。今の日本人が忘れてしまった、なにかがある。 …続きを読む
    空太
    2012年10月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品