鳥人計画

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043718016

鳥人計画

  • 著者 東野 圭吾
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043718016

拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる本格スポーツ・ミステリー!

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人は彼のコーチであることが判明。一体、彼がどうして? 一見単純に見えた殺人事件の背後に隠された、驚くべき「計画」 とは!?

メディアミックス情報

NEWS

「鳥人計画」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノルディック・ジャンプの世界を舞台にしたミステリー。殺人事件を解き起こしていくのだが、犯人はかなり早い段階で明らかになる。したがって、ミステリーとしての妙味は、もっぱら動機と犯行の方法の解明ということ ノルディック・ジャンプの世界を舞台にしたミステリー。殺人事件を解き起こしていくのだが、犯人はかなり早い段階で明らかになる。したがって、ミステリーとしての妙味は、もっぱら動機と犯行の方法の解明ということになる。残念ながら、動機は弱すぎるように思うし、最後の真相もまた幾分無理があるだろう。ただ、そうした瑕瑾を補って余りあるのが、ジャンプの選手たちの心情を含めて、その全体像を科学的な観点からも詳細に描き出したことである。今まで何となく見ていたジャンプの見方までが変わりそうだ。東野圭吾の調査力と考察力に敬服! …続きを読む
    ヴェネツィア
    2017年01月26日
    508人がナイス!しています
  • 札幌でスキージァンプ競技が開かれていた。選手の楡井は久々の日本のホープであった。恋人の杉江夕子は彼が練習している競技場に会いに行った。丁度その時ジャンプ台で倒れ死んだ。警察の解剖結果ビタミン剤に猛毒が 札幌でスキージァンプ競技が開かれていた。選手の楡井は久々の日本のホープであった。恋人の杉江夕子は彼が練習している競技場に会いに行った。丁度その時ジャンプ台で倒れ死んだ。警察の解剖結果ビタミン剤に猛毒が検出、同時に胃の中からも検出された。著者は犯人を早い段階で明らかにし手口も明らかにしている。同時に犯人と警察に犯人を記した密告の手紙が届いた。道警の佐久間刑事は犯人を追いつめて行くが動機等不明な部分が残されていた。筋書きが二転三転し面白い。著者はジャンプを良く知らない読者に、綿密に調べ分かり易く記述している。 …続きを読む
    ハイク
    2015年11月27日
    213人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 読んだのはだいぶ前だけど、当時そんなに評判の良くなかった作品だった気がする。 確かにスキーのジャンプ競技というややマニアックなスポーツ界の話で用語など分かりにくい点があるのだが、それを ★★★★☆ 読んだのはだいぶ前だけど、当時そんなに評判の良くなかった作品だった気がする。 確かにスキーのジャンプ競技というややマニアックなスポーツ界の話で用語など分かりにくい点があるのだが、それを補って天才『楡井明』の存在感で作品世界に引っ張り込まれた。 彼が殺される理由が余りにも悲しい… 冒頭で死んでしまって活躍の場がほとんどない楡井だが、その存在感は圧倒的!『魔球』の須田武志といい、『ガリレオ』の湯川先生といい、天才を描かせれば東野圭吾さんはうまい! …続きを読む
    Kircheis
    2019年02月03日
    200人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

東野 圭吾(ひがしの・けいご)

1958年、大阪府生まれ。85年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に『殺人の門』『探偵倶楽部』『さまよう刃』『夜明けの街で』『虚ろな十字架』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』など多数。海外においても『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が中国国内でベストセラー50万部を突破するなど、アジア圏を中心に支持を受け、韓国では国内作家を抑えて<2014ゴールデンブックアワード>に選出された。

最近チェックした商品