角川文庫

「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔

マスコミって何ですか? オウム取材を通じ社会を糾弾する秀作ドキュメント

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043625017
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔

マスコミって何ですか? オウム取材を通じ社会を糾弾する秀作ドキュメント

  • 著者 森 達也
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043625017

マスコミって何ですか? オウム取材を通じ社会を糾弾する秀作ドキュメント

メディアの垂れ流す情報に感覚が麻痺していく視聴者、モノカルチャーな正義感をふりかざすマスコミ……「オウム信者」というアウトサイダーの孤独を描き出した、時代に刻まれる傑作ドキュメンタリー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オウムネタではなく本作の主題は「思考停止」について問いかけていると読み取った。著者のスタンスは、あくまでも結論を下さず問題提起のみに徹しており、ほとんど媒体そのものになりきっている。この問いかけにどう オウムネタではなく本作の主題は「思考停止」について問いかけていると読み取った。著者のスタンスは、あくまでも結論を下さず問題提起のみに徹しており、ほとんど媒体そのものになりきっている。この問いかけにどう答えるのか?言葉を持たない人の方が多いのではないかと思う。事件の真相を通し、混乱する心象の中から自己の見解として道筋をつける事は難しい。日本人が思考を苦手とするのは哲学に触れずに大人になるから、とは誰の言葉だったか… 未曾有の事件に遭遇すると個人の才覚が問われる事を切に感じた。 …続きを読む
    荒草ミエル
    2018年11月06日
    31人がナイス!しています
  • 映画版だと質問を投げかける森さんの声や後姿が入り込む程度だったと記憶していますが、この書籍版はドキュメンタリーやメディアの在り方について森さん自身が赤裸々に語る点で読み応えがあります。メディアのアンチ 映画版だと質問を投げかける森さんの声や後姿が入り込む程度だったと記憶していますが、この書籍版はドキュメンタリーやメディアの在り方について森さん自身が赤裸々に語る点で読み応えがあります。メディアのアンチテーゼとしてドキュメンタリー作家森達也を生んだのは他でもないメディア自身なのでは?読んでいるとそんな風に思えて仕方ありませんでした。今後A2、A3と順番に読んでいく予定。 …続きを読む
    たかやん
    2018年07月25日
    23人がナイス!しています
  • 2000.06 『「A」撮影日誌』大幅加筆。(副題)マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (あとがき)(解説・宮台眞司) ○「ドキュメンタリーの依頼は初めて」 ○やっと迎えた撮影初日 1996.03  2000.06 『「A」撮影日誌』大幅加筆。(副題)マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (あとがき)(解説・宮台眞司) ○「ドキュメンタリーの依頼は初めて」 ○やっと迎えた撮影初日 1996.03 5ヶ月経過。荒木浩。「上」と表現する幹部。○翻訳者になりきれない苦悩=荒木 オウムと社会という21つの言語が使い分けられずに苦悩。○放送できる、この部分?二日目。綺語は最小限に。 清算人弁護士=小野弁護士。突然封鎖、第九サティアン。P036 二. 命じられた撮影中止 ○オウムは殺人集団なんだ! 制作本部長。P …続きを読む
    i-miya
    2010年02月25日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品