死刑

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041008812

死刑

  • 著者 森 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041008812

罪とは? 罰とは? 命とは? 森達也にしか書けない傑作ノンフィクション

賛成か反対かという二者択一ばかりが語られ、知っているようでほとんどの人が知らない制度、「死刑」。生きていてはいけない人っているのだろうか?論理だけでなく情緒の領域にまで踏み込んだ類書なきルポ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死刑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 死刑存続・廃止の議論は論理では解決できない、というところがこの本の一番大きなポイントだろう。それぞれに確固とした筋を持っている。だから結局情なのだ、という筆者の主張はうなずける。いい線だ。多くの立場の 死刑存続・廃止の議論は論理では解決できない、というところがこの本の一番大きなポイントだろう。それぞれに確固とした筋を持っている。だから結局情なのだ、という筆者の主張はうなずける。いい線だ。多くの立場の人から話を聞き、誠実な作者だなと感じた。それだけに、最後までかっちりした文で綴ってほしかった。最後はまるっきりポエムだ。情が大切なのは分かったが、要は書き方だろう。情が露になりすぎる文章は、読者を引かせてしまう。「第三者だったんじゃないの」と。少し、もったいないなぁと思ったりする。 …続きを読む
    新右衛門
    2016年08月18日
    54人がナイス!しています
  • 著者自身は死刑廃止派である。それは良いとしてもジャーナリストとして、どうもこの著書は公正な目では書かれていないような気がした。一ノンフィクションとしても、あまり面白くはなかった。ちなみに私は”存置派” 著者自身は死刑廃止派である。それは良いとしてもジャーナリストとして、どうもこの著書は公正な目では書かれていないような気がした。一ノンフィクションとしても、あまり面白くはなかった。ちなみに私は”存置派”です。 …続きを読む
    GAKU
    2019年02月15日
    52人がナイス!しています
  • 死刑制度に犯罪防止力はないこと、冤罪の可能性があること、そもそも国家が人を殺すことなど、理論としての問題点はすでに出尽くしていて、何ら目新しいことは無く、著者が廃止を唱えるのは「彼ら(死刑囚)を殺した 死刑制度に犯罪防止力はないこと、冤罪の可能性があること、そもそも国家が人を殺すことなど、理論としての問題点はすでに出尽くしていて、何ら目新しいことは無く、著者が廃止を唱えるのは「彼ら(死刑囚)を殺したくない。彼らを救いたい」という強い思いがわき上がるからだそうです。そりゃ、実際に会ったらきっと普通のいい人なんでしょう。内証を深め、反省する境地に至ったのは死刑が確定し、拘置所でひたすら自分と向き合う時間と空間を確保されたからこそだと思うのです。彼らが偏見だらけの社会の中で、働いて生活をして今後、まっとうに生 …続きを読む
    ねこまんま
    2016年03月17日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品