試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041095621

FAKEな日本

  • 著者 森 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041095621

自粛と萎縮に抗い続ける!時代の表現者たちと日本を斬るルポ&インタビュー

平成も終わり、安倍政権も終わった。しかし、忖度社会は続く。
ドキュメンタリーとは、抗いである。
タブーに抗い続ける監督のルポ&インタビュー!

平成という時代が終わり、安倍長期政権も終わった。
しかし、報道をはじめ、表現の自粛と萎縮は終わることなく続いている。この三十年で、その波は高く、強くなったのか、それとも……。
天皇、放送禁止歌、オウム、オカルト、小人プロレスetc。
撮影したいテーマはことごとくタブー視され、発表媒体が限られていく中でも、作品の力で“空気”を吹きはらってきたドキュメンタリー監督が、自粛と萎縮の正体を探る!
森監督作品のテーマを軸に、時代の表現者たちと「日本」を斬る!!

『放送禁止歌』×ピーター・バラカン(ラジオDJ、ブロードキャスター)
『ミゼットプロレス伝説』×日比野和雅(『バリバラ』初代プロデューサー)
『幻の「天皇ドキュメンタリー」』×松元ヒロ(お笑い芸人)
『A』『A2』×有田芳生(ジャーナリスト、参議院議員)
『未完の「北朝鮮ドキュメンタリー」』×若林盛亮(「よど号ハイジャック事件」実行犯)
『FAKE』×長野智子(ニュースキャスター)
※本書は2017年に小社より刊行した『FAKEな平成史』を改題の上、加筆修正したものです。

【目次】
 文庫版まえがき
 まえがき
第一幕 疑似的民主主義国家ニッポン――『放送禁止歌』
第二幕 差別するぼくらニッポン人――ミゼットプロレス伝説
第三幕 自粛と萎縮に抗って――幻の『天皇ドキュメンタリー』
第四幕 組織は圧倒的に間違える――『A』『A2』
第五幕 平壌、かつての東京との交信――未完の『北朝鮮ドキュメンタリー』
第六幕 正しさこそが危機を生む――『FAKE』
 あとがき
 文庫版あとがき
 解説

もくじ

 文庫版まえがき
 まえがき
第一幕 疑似的民主主義国家ニッポン――『放送禁止歌』
第二幕 差別するぼくらニッポン人――ミゼットプロレス伝説
第三幕 自粛と萎縮に抗って――幻の『天皇ドキュメンタリー』
第四幕 組織は圧倒的に間違える――『A』『A2』
第五幕 平壌、かつての東京との交信――未完の『北朝鮮ドキュメンタリー』
第六幕 正しさこそが危機を生む――『FAKE』
 あとがき
 文庫版あとがき
 解説

『放送禁止歌』×ピーター・バラカン(ラジオDJ、ブロードキャスター)
『ミゼットプロレス伝説』×日比野和雅(『バリバラ』初代プロデューサー)
『幻の「天皇ドキュメンタリー」』×松元ヒロ(お笑い芸人)
『A』『A2』×有田芳生(ジャーナリスト、参議院議員)
『未完の「北朝鮮ドキュメンタリー」』×若林盛亮(「よど号ハイジャック事件」実行犯)
『FAKE』×長野智子(ニュースキャスター)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「FAKEな日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松元ヒロ先輩との対談が面白すぎて、一気読み。この対談で笑えた方は、是非ヒロさんの舞台観て欲しい。難しいことを笑いで柔らかく指摘してくれるから。各対談全て、森さんがNG喰らったトピックをネタに話が進むが 松元ヒロ先輩との対談が面白すぎて、一気読み。この対談で笑えた方は、是非ヒロさんの舞台観て欲しい。難しいことを笑いで柔らかく指摘してくれるから。各対談全て、森さんがNG喰らったトピックをネタに話が進むが、話者が皆、口汚くなどなく、落ち着いて語り合っていることに感心し、安心する。朝鮮に暮らすよど号ハイジャック犯たちの言う、情報が少なくとも正しい判断はできる、という言葉には考えさせられた。何故ならその逆の、情報さえ多ければ正しい判断ができる、は成り立たないから。 …続きを読む
    なおこっか
    2021年01月03日
    4人がナイス!しています
  • 平成という時代に制作した自身の映像作品をとっかかりにして、各章ごとにタブー視されがちなテーマを設定し、ゲストの表現者にインタビューし語り合う本。帯にも踊る言葉「忖度・自粛・同調」の世の中で「異論」を唱 平成という時代に制作した自身の映像作品をとっかかりにして、各章ごとにタブー視されがちなテーマを設定し、ゲストの表現者にインタビューし語り合う本。帯にも踊る言葉「忖度・自粛・同調」の世の中で「異論」を唱え続けるのはしんどいだろうな。著者も自身の揺れ・迷いを隠そうとしないし、読むと何だか暗くなっていく内容だが、第三幕の『さる高貴なご一家』のコントと矢沢永吉ファンを比較するくだりには声を上げて笑ってしまった。多分森達や氏の本を読んでいて爆笑したのは初めて。 …続きを読む
    NBかえる同盟
    2021年01月04日
    3人がナイス!しています
  • オウム・天皇・北朝鮮など様々なテーマをめぐって日本を斬る。社会や日本人の国民性までも問題定義に上げて「ニュースを疑え!自分の頭で考えろ!」と訴える著者の熱い想いが伝わってくる。 オウム・天皇・北朝鮮など様々なテーマをめぐって日本を斬る。社会や日本人の国民性までも問題定義に上げて「ニュースを疑え!自分の頭で考えろ!」と訴える著者の熱い想いが伝わってくる。
    チンタポンタ
    2021年01月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品