疾走

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784048734851
ニコカド祭り2020

疾走

  • 著者 重松 清
  • 装丁 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784048734851

犯罪へとひた走る14歳の孤独な魂を描いて読む者を圧倒する現代の黙示録!

「どうして、にんげんは死ぬの?」
舌足らずなおまえの声が言う「にんげん」は、漢字の「人間」とも片仮名の「ニンゲン」とも違って、
とてもやわらかだった。そのくせ「死ぬ」は輪郭がくっきりとして、おとなが言う「死ぬ」のような照れやごまかしなどいっさいなく、
まっすぐに、耳なのか胸なのか、とにかくまっすぐに、奥深くまで、届く――。

想像を絶する孤独のなか、ただ、他人とつながりたい……それだけを胸に煉獄の道のりを懸命に走りつづけた一人の少年。
現代日本に出現した奇跡の衝撃作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「疾走」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある〝ひとり〟の物語。家族が幸せだった頃から〝おまえ〟は兄の影だった。兄が壊れ家族の光が無くなった時、その影は影になる事すら叶わなくなった。あまりに残酷で救いようのない話に思えますが、親に恵まれなかっ ある〝ひとり〟の物語。家族が幸せだった頃から〝おまえ〟は兄の影だった。兄が壊れ家族の光が無くなった時、その影は影になる事すら叶わなくなった。あまりに残酷で救いようのない話に思えますが、親に恵まれなかった未成年達はまだ自分の力で自分を救う事が出来ない。耐えて早く大人になりたいと願い、いつか自分以外の〝ひとり〟と繋がりたいと思う。弱いひとりとひとりが強い〝ひとつのふたり〟となれるように。14歳だった頃の自分と重ね、沢山の記憶が蘇りました。それ程まで私に影響を与えてくれた本でした。 …続きを読む
    2019年10月11日
    98人がナイス!しています
  • ★★★★★「ひとり」について、絶望のなかで生きていくことについて考えさせられる重い話だった。「ふたりでいてもひとりとひとりだから、ほんとうは、ひとつのふたりになりたいんだ」に激しく共感。 ★★★★★「ひとり」について、絶望のなかで生きていくことについて考えさせられる重い話だった。「ふたりでいてもひとりとひとりだから、ほんとうは、ひとつのふたりになりたいんだ」に激しく共感。
    pdango
    2019年07月21日
    62人がナイス!しています
  • 動揺…震撼…絶句…そして僕は、崩壊しそうな理性に懸命にしがみ付く。読後はしばし呆然…そして滂沱。聖書を効果的に引用しながら非常に短いセンテンスを駆使し、主人公を俯瞰で見る回想。そこには悲哀を越えた、語 動揺…震撼…絶句…そして僕は、崩壊しそうな理性に懸命にしがみ付く。読後はしばし呆然…そして滂沱。聖書を効果的に引用しながら非常に短いセンテンスを駆使し、主人公を俯瞰で見る回想。そこには悲哀を越えた、語り手の虚無感や無力感が滲む。14歳の肥大する妄想…現実の矮小化…希望の唾棄と止みがたい歔欷。神の救いも無い「ひとり」の生き地獄。無装飾のシンプルな語彙を幾度も幾度も繰り返す。それはあたかも、荒々しく絵の具を重ねて絶望の深層を表出させた一幅の絵画。苛めと性的暴虐描写が陰惨だが、魂を揺さぶらずにはおかない衝撃作。 …続きを読む
    みも
    2018年03月28日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品